販売促進の専門メディア

業界トピック

「ネット広告」の規制強化が活発 過度な販促活動を省みる

編集部に届くニュースリリースから、業界の動向を編集部が紹介します。

「ネット広告」の規制強化が活発 過度な販促活動を省みる

    POINT

    ①成長を続けるネット広告の規制・ルール強化

    ②業界プレイヤーの動きが活発化

    ③販促活動における倫理観が重要に

Googleがインターネット利用者の閲覧履歴を追跡する技術の使用制限を強化するなどをはじめ、近年、インターネット広告におけるルール整備・規制に関する動きが活発だ。編集部にも「アフィリエイト広告」「ネット広告における表現」「ネイティブアドネットワークによる規制強化」など様々な情報が届いている。

インターネット広告費は2019年にテレビメディア広告費(地上波テレビ+衛星メディア関連)を超え、広告市場において大きな割合を占めてきている。しかし、その急激な伸びに、ルールが対応できていないのが現状だ。テレビのように、媒体企業も出稿企業も限られている状況ではルールが機能しているが、インターネット上には様々な媒体や出稿主がいるため、各自の倫理性に任せることも、ルールを徹底していくことも難しい。

これらは昔から指摘されてきた問題だが、それらに危機感を覚えた業界の各プレイヤーがいま動き出している。ネット広告で販促を行ってきた出稿主に大きな影響を与える動きのため、ぜひ注目したい。

インターネット広告媒体費 詳細分析

出典:2020年日本の広告費インターネット広告媒体費詳細分析

広告審査による広告素材別非承認理由内訳

出典:2020年度「広告サービス品質に関する透明性レポート」

非承認は約1億7000万 広告品質に関するレポートをヤフーが公開

ヤフーは6月8日、広告サービス品質向上のための審査実績をまとめた2020年度「広告サービス品質に関する透明性レポート」を公開。本レポートにて、2020年度は入稿された広告素材において、Yahoo! JAPAN広告掲載基準や広告入稿規定などの各項目で非承認となった件数が...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界トピック の記事一覧

「ネット広告」の規制強化が活発 過度な販促活動を省みる(この記事です)
各業態で起こる「無人化」最新テクノロジーの活用が進む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する