販売促進の専門メディア

Monthly REC.

「KIEHL’S SINCE 1851」初のコンセプトストア 「カレンデュラ トナー」の浸透狙い

日本ロレアル

【Appearance】

会場は青山通りに面した「ZeroBase」。水色とカレンデュラの黄色が道行くひとの目を引く。

【Equipment】

このコンセプトストアは、今回の「カレンデュラ トナー」施策のコミュニケーションの中核だという。

「キールズ」のスキンケアエキスパートであるKCR(キールズ顧客担当)によるカウンセリング体験。

12人の「インフルエンサー」による毎日異なるコンテンツのワークショップを開催。

日本ロレアル(東京・新宿)が展開する、ニューヨーク発のスキンケアブランド「KIEHL'S SINCE 1851(キールズ)」は、6月6日から17日までの12日間、表参道で体験型のコンセプトストアを開催した。今回のメイン商品は、1960年代に発売された化粧品「キールズ ハーバル トナー CL アルコールフリー(以下カレンデュラ トナー)」 …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Monthly REC. の記事一覧

タクシー型ふせんのピールオフ広告で梅雨時期の利用を促進
『オレンジページ』が「くらしフェスタ」開催 家族が笑顔になるアイデアを体験
「KIEHL’S SINCE 1851」初のコンセプトストア 「カレンデュラ トナー」の浸透狙い(この記事です)
「ぐでたま」が交通広告に 5周年記念でポップアップストアも
春夏の「着たい服」に出逢えるカフェ「Power Fashion Box by Ban」が表参道に期間限定オープン
レゴシティの中に入れるイベント 大きさは市販品の1万1000倍
オートバックスがライフスタイルの期間限定店
毎日、その場で削り出し 氷像で描く平昌冬季五輪の名場面

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する