販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

ヤッホーブルーイングの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

ヤッホーブルーイング

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    ヤッホーブルーイング

    [今期のプロモーション予算]前年比185%(金額非公開)
    Web動画などのデジタル施策や「よなよなエールの超宴」などのイベントを通して、ファンに喜びをもたらし、支持を集める施策に注力していく。

「よなよなエール」「水曜日のネコ」などのクラフトビールの醸造を行うヤッホーブルーイング。プロモーションの基本方針は、同社製品のファンに喜んでもらい、その支持を強化することで製品と企業への愛着を感じてもらうこと。また、プロモーション活動がファンのコミュニティにとどまらず、潜在層にも届くことで、製品の認知向上やクラフトビール市場の拡大につながると考えている ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

ヤッホーブルーイングの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」(この記事です)
プロモーションパートナー選びに必要なこと
一歩先のキレイを見せられる
モンデリーズ・ジャパン販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
常盤薬品工業が語る理想のSPパートナーとは
ベル ジャポンが考える理想のプロモーションパートナー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する