販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

まとめ買いで割り引きや友人にプレゼント スマホアプリ活用の駅ナカ自販機

JR東日本ウォータービジネス

タレントの藤本美貴さん(右)も記者発表会に登壇し、実演した。

JR東日本ウォータービジネスは3月14日、JRの駅に設置する自動販売機で、スマートフォンアプリを活用し、前払いや後払いなどの購入方法が選べる次世代型自販機を発表した。第1号機は東京駅丸の内1階コンコースの「びゅうスクエア」に設置した。

JR東日本ウォータービジネスの自販機売上高はここ数年、踊り場状態にある。2013年は自販機総台数9918台で売上高283億5000万円(1台あたり約286万円)に対し、15年は総台数1万178台で売上高282億3400万円(同約277万円)だった。消費増税の14年度以降、鈍化が見られる。

「『自動販売機は定価』というイメージがあり、ほかのチャネルが値引き販売する中で割高感がある。消費者が遠ざかっている印象」(JR東日本ウォータービジネス)。

こうした中、今回発表した「イノベーション自販機」には、成長の起爆剤としての期待がかかる。開発したのはチームラボと富士電機 ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

まとめ買いで割り引きや友人にプレゼント スマホアプリ活用の駅ナカ自販機(この記事です)
黒髪を卒業する女子高生をクローズアップ サロンカラー初体験の魅力を発信
全長約2メートル 巨大コントローラーで全国キャラバン
美容家電体験サロンで悩みを解決 Panasonic Beauty Salon
「フレーバー生茶」体験イベントに約1万人が来場 NAMACHA URBAN PICNIC
わかりやすいフレーズでコンセプトを統一 「TAKUMI BAR with MASTER’S DREAM」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する