広告マーケティングの専門メディア

           

最新「テレビ広告」戦略

TVerも活用して全国にアプローチ エニタイムフィットネス「第二創業期」の広告戦略

北川淳氏(Fast Fitness Japan)

2002年に世界初の24時間マシンジム特化型フィットネスクラブとしてアメリカで誕生した「ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)」。日本には2010年に上陸し、2024年3月末時点で全国1134店舗を展開、会員数は84万人を突破した。そんな中、昨年12月から本格的なテレビCM活用を開始した同社。日本におけるマスターフランチャイジーとして事業展開するFast Fitness Japanのマーケティング責任者である北川淳氏に、広告戦略について聞いた。

CM内では、趣味や仕事など、夢や目標に向けて自分の力で前を向こうとしている3人の人物が登場。様々な場所で異なる生活をおくるそれぞれの人物が、エニタイムフィットネスでの運動を通して、自分の理想をかなえるために必要な心身の力をつけ、成長していく様子が描かれている。

初の大型プロモーションでブランドの世界観を伝える

Fast Fitness Japanでは2023年12月~2024年1月、24時間フィットネスジム「エニタイムフィットネス」のテレビCM放映を含む大規模なプロモーションを実施した。これまでもキャンペーンなどに関連した...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

最新「テレビ広告」戦略 の記事一覧

「ファンケルだから」を醸成するには?テレビCMで伝えるブランド力と企業価値
地上波とCTVをテレビデバイスとして管理 統一指標でKPIを追い、効果最大化を目指す
TVerも活用して全国にアプローチ エニタイムフィットネス「第二創業期」の広告戦略(この記事です)
出稿の目的は「リクルート」に絞る!BtoB企業、長期発展のためのテレビCM活用
スタートアップ企業のテレビCM活用術とは? スタートアップはいつ・どんなCMを打つべき?「UAV」の開発でROI最大化を狙う
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する