広告マーケティングの専門メディア

           

最新「テレビ広告」戦略

スタートアップ企業のテレビCM活用術とは? スタートアップはいつ・どんなCMを打つべき?「UAV」の開発でROI最大化を狙う

彌野泰弘氏(Bloom&Co.)

スタートアップ企業がテレビCMを活用するようになって久しいが、フェーズに応じて、適切なタイミングやメッセージは異なる。自身も事業会社としてCM出稿に携わり、現在マーケティングアドバイザリファームBloom&Co.で代表取締役を務める彌野泰弘氏が、その手法を解説する。

テレビCMの価値を引き出す3つのポイントとは?

スタートアップ企業がテレビCM活用において陥りがちな課題として、扱う商材によって打ち手はまったく異なるのに、ある企業で成功事例があると“テレビCMの勝ち方”というふうに抽象化し、単純に横展開をしてしまうことがあります。加えて、スタートアップ企業がテレビCMのような大々的な広告投資を始める際には、投資家が参画し、事業成長を期待されているケースが多いと思います。それゆえ、初期に考えなければならないのはいかにして投資家の理解を得るかということ。短期間で数千~数億円の費用を投下するテレビCM出稿の蓋然性を明確に説明するためにも、まずは次の3つのポイントを検討しましょう。

ひとつめは、プロモーションを行うタイミングです。自社のプロダクトが、市場において、顧客のニーズを満たしPMF(Product Market Fit)している状態になっているかどうか。そうでない場合にマスマーケティングを行っても、事業は成長しません。...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

最新「テレビ広告」戦略 の記事一覧

「ファンケルだから」を醸成するには?テレビCMで伝えるブランド力と企業価値
地上波とCTVをテレビデバイスとして管理 統一指標でKPIを追い、効果最大化を目指す
TVerも活用して全国にアプローチ エニタイムフィットネス「第二創業期」の広告戦略
出稿の目的は「リクルート」に絞る!BtoB企業、長期発展のためのテレビCM活用
スタートアップ企業のテレビCM活用術とは? スタートアップはいつ・どんなCMを打つべき?「UAV」の開発でROI最大化を狙う(この記事です)
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する