広告マーケティングの専門メディア

           

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦

「ライブコマース」を新たな顧客接点として活用、得られたインサイトをマーケティング活動に生かす

松村夏海氏(Tailor App)

ライブコマースが盛り上がる中国日本との大きいな違いとは?

今年6月、ライブコマースコンサルティングを中心とした、SNS・WEBマーケティング支援をしているTailor Appが、同社のライブ配信とNTTドコモのユーザーデータを掛け合わせた新しい広告の実証実験を実施したと発表した。「当社は、2023年に開催されたNTTドコモ『オープンイノベーションプログラム』に選出され、ドコモと共同で実証実験を行ってきた。今後は、ライブデータを用いた広告の商用化に向けて、成果報酬型のライトプランや各媒体を横断する広告戦略、ジオターゲティング広告など企業のフェーズやニーズに合わせたサービスを検討していきたい」と同社・代表取締役社長の松村夏海氏は語る。

Tailor Appの設立は2020年。創業者の松村氏は、大学在籍中にベンチャーPR会社で従事し、ライブコマースのシステム会社に参画。そこでライブコマースのノウハウをひと通り学んだ。その後、同社が事業譲渡されるタイミングでTailor Appを設立。ここでの経験から日本と中国のライブコマースの発展の違いを発見することに。「中国ではライブ配信プラットフォームも豊富だし、ライブ内で購買までが完結しているので、ライブ配信限定の大幅割引などのプロモーション施策も打ちやすい。一方で、日本ではプラットフォームの土壌が整っておらず、さらに中国と異なり、ライブからECや店舗へ誘導する流れが一般的。...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦 の記事一覧

「ライブコマース」を新たな顧客接点として活用、得られたインサイトをマーケティング活動に生かす(この記事です)
ポッドキャストコンテンツの制作・配信を通したファンコミュニケーションを支援
ビジネス×Tech人材を育成するTech0 Boot Campで日本企業の競争力を高める
人類学の研究に用いられる参与観察のアプローチで、ビジネスパーソンの「新たなものの見方の獲得」を支援
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する