広告マーケティングの専門メディア

           

AI×マーケティングで未来を拓く

未来を描く言葉の魔術 生成AIとプロンプトエンジニアリング

山根宏彰氏(富士通)

生成AIの台頭により、業務の効率化が実現するとともに、メディアの在り方や、企業と生活者の接点のつくりかたをも変えるような大きなインパクトが予測されます。マーケターは、これらの技術をどのように受け入れ、業務に生かしていけばよいのでしょうか。生成AIが進化する今、改めて、プロンプトエンジニアリングの手法について解説します。

生成AIを使いこなすためのプロンプトエンジニアリングスキル

生成AIの時代が到来し、マーケティングの世界にも大きな変革が訪れている。生成AIとは、人工知能を用いてテキスト、画像、音声などを生成する技術は、繰り返しとなるがマーケターにとって宝の山と言えるだろう。

生成AIを使いこなすための重要なスキルが「プロンプトエンジニアリング」だ。AIに指示を出すための巧妙なテクニックであり、これを駆使することで日常業務の質と量を大幅に向上させることが可能である。具体的には、広告コピーの生成、顧客対応の自動化、データ分析の効率化など、多岐にわたる業務に応用できる。

プロンプトエンジニアリングの本質は、AIに正確で詳細な指示を与えることである。例えば、広告コピーを生成する際には、商品の特徴や利点、ターゲット顧客の属性などを詳しく指定する必要がある。こうすることで、AIは的確なコピーを生成し、マーケティングの効果を高めることができる。また、顧客対応の自動化においても、想定される質問や回答のパターンを事前に学習させることで、AIがスムーズに対応できるようになる。

さらに、生成AIは大量のデータを瞬時に分析し、…

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

AI×マーケティングで未来を拓く の記事一覧

未来を描く言葉の魔術 生成AIとプロンプトエンジニアリング(この記事です)
ローカル/軽量LLMの進化が与える影響 LlaMA3とPhi-3 Miniが描く未来像
増加するフェイクニュースに詐欺広告 AIがもたらす光と影
新しくリリースされた言語系生成AI Claude3が与えるインパクト
テクノロジーで顧客体験を再定義 音声認識と合成の活用法
DALL・EやStable Diffusion…画像生成AIが拓く新たな表現の可能性
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する