広告マーケティングの専門メディア

           

広告企画

「次の一手」の判断をデータドリブンに 新たな指標で進化する、NRIのマーケ支援

野村総合研究所

野村総合研究所(NRI)が2007年から提供している広告効果測定・実行支援のソリューション「InsightSignal」が、マーケティング戦略をトータルで支えるツールとして進化している。大規模な生活者調査で得られるデータに加え、2023年には新たなブランド指標も開発。広告主や広告会社のコミュニケーション戦略策定に、NRIならではのコンサルティング力を発揮する。

約260社1000商品に伴走 オリエン策定や制作の知見も蓄積

野村総合研究所が2007年から提供する「Insight Signal(インサイトシグナル)」の調査は年7回。1調査は約3カ月間であるため、ほぼ毎日調査が行われている。同一の対象者を継続して確保して各メディアへの接触、商品の購入実態や意向、クリエイティブの評価などを調査し、出稿前後の行動変化やクロスメディアでの広告効果を分析する。データ提供からコンサルティングまで幅広いサービスを提供する同社だが、これまでの調査研究と蓄積されたデータで、そのソリューションがさらなる発展を遂げている。

生活者の意識や行動を分析できるSaaS型サービス「InsightParette(インサイトパレット)」は、インサイトシグナルの膨大な調査データから生まれた。例えば「趣味がウインタースポーツ」という人の基本属性や消費の価値観、実際に購入している商品、メディア行動などを可視化。毎月更新される8600万通り以上のセグメントでデータを抽出することができ、オプションとして出稿時のリーチや効果をクロスメディアで予測するシミュレーションも行える。梶原氏は「多様化する業務で十分に調査の時間が取れないなかで、データドリブンな仮説を立て、施策を考える材料にできる」と話す。

さらに2023年1月からは、独自のブランド評価指標「NRI BRANDINDEX」を測定するための大規模調査を開始した。特徴は企業ブランドだけでなく、商品ブランドに対応した調査であること。過去から蓄積されたブランド力を示す「Baseスコア」、今後のブランド力の方向性を推測する「Leadスコア」、SNS投稿数をもとに直近のブランド力の変動を示す「Trendスコア」の3つの指標、およびそれらから合成する総合指標「NBI」で構成されており、競合を含めたブランドの強み・弱みをレーダーチャートで可視化する。また、企業ブランドが商品ブランドにどの程度影響を与えているかも数値化される。

機能訴求をメインにコミュニケーションすべきなのか。あるいはファンコミュニティの強化を図るべきなのか。同企業・同カテゴリの商品でも、ブランドによって生活者の評価は異なる。競合ブランドの状況を踏まえて、どのポジションを築いていくのか、企業ブランドをどのように活用していくのかという次の具体的な一手の検討をデータドリブンで行うためのソリューションである。

同社ではこれまで、BtoC企業を中心に約260社、1000商品を超えるマーケティング支援を行ってきた。近年増えているのが、マーケティングのプロセスすべてに伴走してほしいというニーズ。オリエン資料の作成やクリエイティブ制作の伴走をすることもあり、各業界・業種の知見が蓄積されてきているという。

「マーケティング部門は他部門から異動してくる人も多く、ブランドの真の課題を理解できているか不安、ノウハウもたまりにくいという声も聞きます。まずはディスカッションのパートナーとして、気軽にお声がけいただけたら」と梶原氏は話した。

野村総合研究所
コンサルティング事業本部
マーケティングサイエンス コンサルティング部
グループマネージャー
梶原光徳氏

2008年入社。以来、マーケティング×データアナリティクス分野を中心に、民間企業のコンサルティングを中心に従事。社内の新規事業の企画や立ち上げなども行っている。

    お問い合わせ

    株式会社野村総合研究所

    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2
    TEL:03-5877-7388
    MAIL:is@nri.co.jp

無料で読める『本日の記事』をメールでお届けいたします。
必要なメルマガをチェックするだけの簡単登録です。

お得なセットプランへの申込みはこちら

広告企画 の記事一覧

リテールメディアの効果を最大化 マス広告から「売りまで」つなげる懸け橋に
「テレ東広告」が目指す、どんな企業でも手軽に動画広告プロモーションをできる世界
ブランド潜在層をエンタメの力で巻き込むエイベックス流マーケティング支援
ブランドが持つ社会的な価値を起点に 消費者との会話を創出し、維持していく
対顧客だけでなくステークホルダーにも広がる 人を動かす、TOWの「体験デザイン」の力
ゲーム特有の没入感でブランド体験を進化 ARROVAの「プレイアブルブランディング」
「次の一手」の判断をデータドリブンに 新たな指標で進化する、NRIのマーケ支援(この記事です)
魅力的なコンテンツでモーメントを捉える 日産と博報堂DYが考える、CTV時代の統合マーケティングの可能性
パーパスの実現につながる、「江崎グリコらしい」DX
仕事の軸は「楽しむ」こと 結局、つくることを楽しめる人が一番強い
企業のサステナブルな理想像を現実に TOWが提案する「環境配慮型イベント」とは?
人々の生活に密着した企業が考える パーソナライゼーションとAI活用
オペレーションとデザインで課題解決 水戸ホーリーホック30周年事業の裏側
流動するクリエイター市場 視野が狭ければ可能性まで狭めてしまう
営業を「ビジネスプロデューサー」に改称して6年「IGP」を掲げる電通に流れるカルチャー
クライアントの先にいる顧客を深く理解する 大広が中期経営計画で目指すものとは?
バリューチェーンを包括的に捉えた 東急エージェンシーの「広告事業変革」
急成長を遂げる「変革支援」のプロ集団 DXとデジタルマーケティングで企業変革を加速
いま必要なのは「関係性のリデザイン」 ウェルビーイング基点で新しいつながりをつくる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する