広告マーケティングの専門メディア

           

著者インタビュー

社会と広告のつながりを紐解く「21世紀の広告論」

水野由多加氏

統合広告論[新版]
実践秩序へのアプローチ

●著/水野由多加
●発行所/ミネルヴァ書房
●価格/3080円(税込)

電通での実務経験を経て、約20年にわたり大学で教鞭をとってきた水野由多加教授による『統合広告論』。同書は2004年に初版を発行し、2014年に新たな事例や社会問題を取り入れた改訂版を発行。今回の「新版」では著者の近年の論文からの加筆修正に加え、書き下ろしの章も追加。デジタル化が進み、過渡期にある昨今の環境を踏まえた広告のあり方を、…

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

著者インタビュー の記事一覧

社会と広告のつながりを紐解く「21世紀の広告論」(この記事です)
タレント契約をはじめ、実務における問題も解説 エンターテインメント産業の契約が分かる1冊
「豊かな社会」における商品研究のさまざまな実践的アプローチを提示
人々の生活と睡眠の関係とは?「社会の不眠化」と「眠りの文化」
高齢者の移住が活発になれば地方でも豊かな消費生活を送れる
次世代の流通小売業は消費者の「頼れる相棒」に
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する