広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

ガンプラのデータが流出 CADデータの著作物性とは

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

    QUESTION:

    Q.キャラクター商品のCADデータが流出しました。著作権で保護されるでしょうか。

ANSWER:

POINT 1
ガンダム

先日、ガンダムのプラモデル(ガンプラ)の3D-CADデータが、ガンダムのメタバースサイトから流出したとの報道がありました。商品開発時の3D-CADデータが流出した可能性も噂され、SNSには3Dプリンターで出力したガンプラ(の一部)とされる写真も投稿されたようです。

ガンダムは、言わずと知れた大人気のロボットアニメです。作品全体のほか、ロボットの映像も著作物になることに異論はないでしょう。また、CAD(Computer Aided Design)は、製図のための設計支援ソフトウェアです。製造業、建設業など、さまざまな業種向けのCADがあり、製品や建築物などの設計に利用されています。今回は、上記の報道を契機として、CADデータの著作物性について考えます。


POINT 2
CADデータ

CADデータは、設計図の一種です。設計図は、地図、図表、グラフなどと同様に「図形の著作物」となり得ます(著作権法10条1項6号)。CADデータなどの設計図は、創作性があれば、中身(例:製品、建築物)とは別に著作物となるのです。

ただ、設計図の創作性は悩ましい問題です。というのも、設計図は、設計の...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&Aの記事一覧

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&Aの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する