広告マーケティングの専門メディア

           

キャリアアップナビ

固定観念にとらわれない「何でもあり」の発想で広報部長がメディア出演

マスメディアン

キャリアアップナビでは、マーケティングやクリエイティブ職のキャリアアップについて、毎月テーマをピックアップして解説します。今回は、サンコーで執行役員 広報部部長を務める﨏(えき)晋介さんにこれまでのキャリアについて伺いました。良い転職は、良質な情報を入手することから始まります。「こんなはずではなかったのに…」とならないための、転職情報をお届けします!

Q.大学卒業後は車の販売会社に就職されたそうですね。

就職先を決めた理由のひとつに学生時代のアルバイトでの経験があります。データ入力のアルバイトをしていたのですが、頑張っても少々サボっても時給は同じ。それが納得できず、成果が評価に反映される仕事に就きたかったんです。それで選んだのが、車の販売会社でした。

正直言って興味があったのは「営業で成果を上げる」ことだけで、商材にこだわりはありませんでした。だからこそ手法や慣習にとらわれず、成果を出すことだけを追求できたと思います。例えば、僕は飛び込み営業やポスティングには、小回りが効いて効率がいい自転車を使っていました。同僚たちは「車の営業は車で行く」が唯一の正解だと考えていました。でも営業成果が目的なら、そのやり方はひとつではない。そう工夫を重ねた結果、新人の中で営業成績はトップになりました。

このような考え方の背景には、子どもの頃の経験があるかもしれません。実は僕は中学生くらいまで、引きこもりでした。だから、誰かに物事の正解を教わるという経験が圧倒的に少なかった。やりたいことをかなえる方法は、自分で考えるしかありませんでした。

その後、周りの人より2年遅れで商業系の高校に入りました。そこでは勉強もできる明るい人になりたい、年下の同級生たちのお手本のような存在になりたい、と目標を立てました。目標を達成するために、簿記の資格の勉強法やコミュニケーション能力の高め方などを幾通りも考え実行するのはすごく楽しかったですね。

Q.どのようなきっかけで広報をやることに?

ディーラーの仕事をした後、何度か転職をしたのですが、職種はずっと営業職。広報業務を初めて経験したのは、前職の韓国資本の雑貨商社で、新規事業だった家電事業の営業をしていたときでした。知名度ゼロからの出発なので、小売店に1軒ずつ営業していくのは時間がかかりすぎる。できれば、小売店側から「取り扱いたい」と言ってもらいたい。そこで、メディアに取り上げてもらえたら一番効率よく売れるのではないかと考え、営業部からプレスリリースを出すことにしました。

もちろんプレスリリースをつくるのは初めてだったので、ノウハウ本を5冊読んで見よう見まねで書きました。それを持ってメディアキャラバンをしたところ、家電情報サイトに取り上げてもらえて。そこから新聞に載り、さらにその記事が「笑っていいとも!」などのテレビ番組で紹介されるという連鎖が起き、小売店からの問い合わせが殺到。メディアの影響力を実感しましたね。当時はメディアへの働きかけも営業の一環だと思っていて、自分が広報を担当することになるとは思いもしませんでした。

Q.現職のサンコーも、最初は営業だったのですね。

「アイデア家電メーカー」という呼び名の通り、面白くて役に立つモノづくりの姿勢が好きで、2015年にサンコーへの入社を決めました。

入社当時は営業と兼任で、時々プレスリリースを書いていました。商品を売るには営業も大事ですが、商品がメディアで紹介されると、その効果は商品の売上にとどまらず、会社全体に波及します。社内でもそんな実感があり、広報業務の比重も大きくなっていったので、会社に直訴して僕ひとりで広報部門を立ち上げました。

広報専任になって特に力を入れたのが、僕自身が「ekky(エッキー)」というキャラクターとしてメディアに出演すること。営業との兼任時代にも「ekky」としてテレビに出たことはありましたが、白いシャツにエプロンという地味な格好。それを、華やかなタレントさんと並んでも見劣りせず、面白い会社というイメージをつけるために、オレンジ色のシャツと蝶ネクタイに変えました。

メディア向けのニュースレターにも、「ekky」の紹介を必ず載せています。タレントを起用する予算がなくても、「ekky」だけで番組を面白くできる。そんなイメージを番組制作会社の方に持ってもらうためです。

Q.ekkyこと﨏さんは今後どうなっていきますか?

最近は、「ekky」を見ればサンコーを想起してくれる人が増えてきました。今後は僕の露出をさらに増やす作戦で、会社の知名度向上を目指します。これまでにドラマやミュージックビデオ、アニメへの出演を果たし、ラジオのレギュラー番組も始まりました。こうなってくると、声がすごく大事。今は自費でボイストレーニングに通っています。コンテンツへの貢献が、サンコーの評判に結びつきますからね。

広報がここまで自分をキャラクター化することはあまり例がないと思います。しかし、何事も正解はひとつじゃない。広報の本質、「メディアや社会との関係づくり」につながるなら、やり方は何でもありです。成果を上げるコツは、自分自身が楽しめる手法を選ぶこと。僕はメディアに出るのがすごく好きなので、モチベーション高く「ekky」を続けられるのだと思います。

サンコー株式会社
執行役員 広報部部長
﨏晋介 氏

2002年、新卒で自動車販売会社に就職。輸入家電メーカー、韓国資本の雑貨商社などを経て、2015年に営業職でサンコーに入社。営業活動の一環で広報業務に携わるうち、軸足は次第に広報職へ。2017年に広報部を立ち上げ、現職に就任。「ekky(エッキー)」の愛称で自らメディアに出演し、会社と商品のPRに取り組んでいる。累計テレビ露出数1400回以上。

聞き手
株式会社マスメディアン
取締役
国家資格キャリアコンサルタント
荒川直哉

マーケティング・クリエイティブ職専門のキャリアコンサルタント。累計4000名を超える方の転職を支援する一方で、大手事業会社や広告会社、広告制作会社、IT企業、コンサル企業への採用コンサルティングを行う。転職希望者と採用企業の両方の動向を把握しているエキスパートとして、キャリアコンサルティング部門の責任者を務める。「転職者の親身になる」がモットー。

    お問い合わせ

    株式会社マスメディアン
    〒107-0062 東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル9階
    E-mail:webmaster@massmedian.co.jp
    URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する