広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

民放連が予測、2023年度のテレビ・ラジオの営業収入

明石庸司

地上波テレビは0.2%増予測 タイム、スポットは微減

民放連研究所は1月31日、毎年恒例の「2023年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し」を発表した。地上波テレビ全社の2023年度営業収入は前年度比0.2%増とかろうじて増収に転じると予測。地上波ラジオ全社では同1.9%増と、2021年度から3年連続のプラスを予測した。

2022年度は上期のスポット収入は、前年同期が大幅増だったにもかかわらず2.4%減と健闘したが、下期から急速に市況が悪化し、同5.6%減を見込む。

2023年度も上期はマイナスの継続を予測するが、下期にはプラスに転じ、2023年度のスポット収入は地上テレビ全社で前年比ほぼ横ばいの0.2%減と予測した。ただ、東阪名の同0.0%に対して、ローカル・ネットワーク局は0.7%減を予測。東阪名でも関東広域圏は1.0%増に対し、近畿、中京はそれぞれ2%強のマイナスを予測した。

タイム収入(タイム電波料+制作収入)は、2022年度は東京、北京のオリンピック2大会があった2021年度の反動から全体で2.7%減を見込むが、2023年度はテレビ全社で1.0%減を予測した。

一方、新型コロナウイルスによる影響からの経済・消費活動の正常化により、イベント等を中心とする「その他事業収入」が全国的に増加する...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

The Power of OOH 屋外広告フォーマットの標準化
雑誌のブランド力は、いかに広告価値に寄与するのか
40代までの読者の獲得を意識 地域経済や生活情報の発信に注力
民放連が予測、2023年度のテレビ・ラジオの営業収入(この記事です)
NHK、2年ぶりの赤字予算 受信料収入は大幅減収見込み
The Power of OOH 広告を「見た」ことにこだわる理由
MAGAZINEの語源は「『知』の倉庫」 人起点で考える企画が価値
地方紙各社の新事業 多彩に展開 住民の交流、地元企業の発信など支援
2023年、OOH広告トレンド予測 押さえておきたい5つの動向
出版社が知っておきたい雑誌広告のIP活用
デジタル事業めぐり新聞社から新会社続々 地域の課題解決はじめ狙いさまざま
NHK、民放連、新聞協会からヒアリング 情報空間の在り方を考える必要を指摘
The Power of OOH どローカライゼーション
世界中の出版社が2年ぶりに集結 国際雑誌連合ワールドメディアコングレス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する