広告マーケティングの専門メディア

           

REPORT

マーケターのコミュニケーションスキルで、DEI推進を手段に企業にイノベーションを!

「CMO X」研究会 レポート

種家純氏がリーダーとなるチームのテーマは「CMO X DEI」。マーケターの「人を動かす力」は、顧客だけでなく社内の取り組みでも発揮される。それはDEI推進においても同様だ。経営層や管理職、若年層やグループ会社など、異なるセグメントの仲間にDEIの重要性を理解してもらい、行動してもらうためにマーケターができることとは何かを議論した。

MEMBER

ANAホールディングス
執行役員 グループCDO 兼
グループDEI推進部長
種家 純氏

Tokyo Tea Trading
企画開発部 部長
黄 珊珊氏

ユーグレナ
執行役員 ユーグレナヘルスケア
カンパニー Co-カンパニー長
工藤 萌氏

レノボ・ジャパン
マーケティング統括本部
統括本部長 CMO
リュウ シーチャウ氏

ふるまい方を言語化して一本化 マーケターの力を生かす企業変革

種家:私たちは、「企業におけるDEIの推進」においてマーケターが有するコミュニケーション力をどう生かしていくか、人に働きかける力をどう使っていくかということについて、話し合いを重ねてきました。まず、第一のテーマは「インターナルコミュニケーションにおいてもマーケティングのノウハウをもっと活用すべき」ということで、マーケティングの力を生かした企業変革の事例について伺っていきたいと思います。

黄:Tokyo Tea Tradingは2016年にできた会社なので、まだ制度等々は皆さんの会社に比べてあまり整っていないのですが、一方で代表が元々DEIという考え方を大切にしているので、入社後は社長と共に、パーパス・ビジョン・バリューというところを策定するようなプロジェクトを始めました。特にDEIに関係してくるのはビジョンです。我々は、「国籍や年齢や性別を超えて愛されるグローバルティーカンパニーを目指す」ということを定めています。

工藤:ユーグレナも2005年にできた会社で、上場はしているものの、まだまだベンチャーのような感覚があります。ビジョンやパーパスはあったものの、ヘルスケアとバイオ燃料のように一見関係のない事業を同時に手掛けているので、人によって捉え方や解釈が違うのですね。自由度が高いと言えば聞こえがよいのですが、「自分たちのありたい姿を実現するためには、どう振る舞うべきか」といった部分を言語化して一本化していくことの必要性を感じて、フィロソフィーを制定し、定着させる活動を開始しました。

シーチャウ:現在、私は社員数が数千人の会社にいるので、ミッションやバリューに関わるというよりも、マーケティングではないところであっても、日々気づいたことをやっている感じですね。

例えば、「女性を採用したい」という考えは当社でも人事の大きなミッションとしてあるのですが、社内で活躍している女性に「レノボに入ってよかったこと」を聞いてみたんです。すると、「ライフワークバランス」というよりも...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

マーケティングは経営のエンジン 変化に対応する連携の在り方
求められるのは、これまでにない価値提案 自社ならではのブランド体験を構築するには?
イノベーションを伴う市場創造 BXにおいてCMOが果たすべき役割とは?
マーケターのコミュニケーションスキルで、DEI推進を手段に企業にイノベーションを!(この記事です)
継続する「カルチャー」に必要なものとは?マーケターとカルチャーのこれからの関係
話題のテレビCMで振り返る オープンハウス、認知拡大施策の背景
長期愛用者の育成へ 資生堂のLTV向上マーケティング
損保業界のDXを推進するCMOとCDOの連携
顧客行動を紐解くことで、コモディティ時代にビジネス機会を創出する
「CMO X」分科研究会レポート2022
「デジタルプラットフォーム 取引透明化法」とデジタル広告市場
新たな価値を持つ商品で市場を育てる日本酒「澪」「昴」に見る宝酒造の戦略
ハナマルキの「Z世代向けでない」コラボがZ世代を巻き込んでヒットした理由
人々の『おいしい記憶』をつくるため キッコーマンが挑む『重層的メディア戦略』
カンヌライオンズ2022受賞作に見るクリエイティブ事例

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する