広告マーケティングの専門メディア

           

広告企画

3日間で1億円超え メディヒールのEC売上に貢献したTikTok施策

Wacker

韓国発のスキンケアブランド「MEDIHEAL(メディヒール)」では、Wackerが提供するTikTokアフィリエイトサービス 「EnCorrect(エンコレクト)」の活用により、公式ECでの購買が急増。販売にあたって描いた戦略について、 Wackerの鹿田将斗氏とMEDIHEAL JAPANの野村俊祐氏に話を聞いた。

Wacker
最高執行責任者 COO
鹿田将斗氏(左)

MEDIHEAL JAPAN
取締役
野村俊祐氏(右)

3日間で1億円の売上を実現 売上を最大化したストーリーとは

MEDIHEAL JAPANは韓国発スキンケアブランド「MEDIHEAL」の日本での販売拡大を目的に2021年に設立。店頭を中心に売上を伸ばす中、オンラインでの売上も拡大するために2つの課題を抱えていた。

「ひとつはオフラインのお客さまをいかにオンラインにも導くか。もうひとつはオンラインの中でも正規品を購入できる“公式サイト”への流入を増やし、安心・安全な購入へと促すことでした」と日本における「MEDIHEAL」事業責任者の野村俊祐氏。さらに、競合の日本市場への参入も増加したため、新しい試みを素早く実施できるパートナーを探していた。そこで野村氏がパートナーに決めたのがマーケティング支援を得意とするWackerだった。

「認知獲得のためTikTok広告を出す競合企業はあっても、実売につなげている例は多くありませんでした。そこで、TikTokアフィリエイトサービス『EnCorrect』の導入に至りました」とWacker最高執行責任者の鹿田将斗氏は話す。「EnCorrect」の3つの特徴について鹿田氏は、「ひとつ目は“低リスク・ハイリターンモデル”であること。アフィリエイトのフィーは、インフルエンサーへの案件費回収後にのみ発生します。2つ目は商材に合った最適なインフルエンサーのキャスティングが可能な点。3つ目が一番の強みである“シナリオ力”です」と説明する。「MEDIHEAL」の場合「店舗だけでなくオンラインへ、オンラインの中でも公式サイトへ導く」ことと「売上を最大化させる」ストーリー設計が必要だった。

前者の課題に対しては、まだ国内では流通していないが、韓国では販売されている国内未認知の商品を公式サイトで先行販売することで解消。後者に関しては、あえて日本での販売6カ月前から商品のレビューをインフルエンサーを通してファンに情報流通し、“気になるけど購入できない・早く購入したい”という欲求を蓄積した後、発売。その結果、販売開始と共に自社サイトが3度もサーバーダウンするほどアクセスが殺到、3日間で売上1億円を突破し、オンラインの売上比率は日本国内のブランド全体売上に対して1%から16.8%へと大幅に向上した。

「EnCorrect」というサービス名には、「生活者が商品に正しく出会える機会をつくる」との思いが込められている。Wackerではこの思いのもと、ネクストラストと共同展開する「REGAL CORE」という現役弁護士・薬剤師がスピーディーに薬事チェックするサービスを導入し、クリーンな情報とシナリオにより、今後もブランドの売上に貢献していく。

    お問い合わせ

    株式会社Wacker

    E-mail:info@wacker-inc.co.jp(担当:鹿田将斗)

広告企画 の記事一覧

購買意欲の高さが強み フルファネルで活用できるPinterestアド
データをもとにワクワクを生み出す テテマーチの多彩なSNSマーケティング
MimiTV×Metaが解説 美容商材におけるInstagram活用法
トーチライトがLINEを用いて実現する 「顧客視点」のコミュニケーション
データ活用と専門組織群が支える サイバー・バズのSNSアカウント運用
顧客データをセグメント 最適な情報をLINEで発信する「MicoCloud」
3日間で1億円超え メディヒールのEC売上に貢献したTikTok施策(この記事です)
コロナの「反動」で加速 転職は売り手市場に 今年の振り返りと来年の見通し
会社に自分で「席」をつくる それがヘルシーに働く秘訣
NTTドコモ・au・ソフトバンクと連携 開封率約8割を誇る『進化系DM』
「場所」ではなく「人」に届ける、プログラマティックDOOH
難しい内容も直感的に伝わる 指名検索につながるCM制作の背景
嫌われない広告体験をつくる、 プロフィールマッチングの可能性
データの「翻訳」は不要に ライフスタイル分析のさらなる進化
テレビの新たな価値を生む、進化したプロダクトプレイスメントの形
ヒト×テクノロジー×データで実現 テレビの価値向上プロジェクト
広告会社から「広告事業会社」への転換 世論形成からモノが売れる仕組みまでサポートできる体制を目指す
自分にしかできないことで世の中を変えたい 現状打破こそが役割

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する