広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

『編集大衆化時代』 10年前と何が変化したのか

米光一成氏(デジタルハリウッド大学)

    「編集」とは

    ☑集めて編む力。良い場をつくる。

    ☑コミュニティをつくってハブになる。

    ☑当事者として何かを生み出す。

12年前の所感 編集を取り巻く環境の変化

12年前、宣伝会議の「編集・ライター養成講座 米光コース」をスタートさせたとき、「これからは新しい編集の時代がくる」と宣言した。

「新しい編集とは何か?」という質問に、ぼくはこう答えていた。

“これからは「編集」の定義が変化し、拡大していきます。なので従来の出版ビジネスにおける「編集者」との違いを分かってもらうために「新しい編集」と言っています。

編集を取り巻く状況は、1983年ごろのゲーム業界によく似ています。1983年は任天堂のファミリーコンピュータが登場した年です。そこからゲーム業界が生まれたと言ってもいい。もちろんそれ以前にゲームはあった。でも、おもちゃ会社の人や、コンピュータ関連の人、または個人がつくっていた。

ゲームデザイナーという職種が確立したのは、ファミコン以降なんです。ゲームに関連する状況が激変していきました。いま、コンピューターやインターネットの出現と、それを使いこなす社会的基盤が整理されたことで、編集の仕事も、おそろしい勢いで変化拡散している。いままでの方法とは違う仕事が生まれるときは、新しい働き方、新しい職種が生まれるはずです。”

編集を取り巻く環境がどう変わるか、具体的に述べた。それに基づいて「編集・ライター」の講座をスタートさせたのだ。

誰でもできるようになった「編集」 そんなときに必要な2つの意識

そこから12年たった。

あの頃に語っていたことはほとんどが実現した。講座の受講生の多くは、編集者やライターとして活躍している。といっても、それは従来の編集者やライターには限らない。映像作家もいるし、イベント主催者もいるし、SNS運営者もいる。VTuberの裏方もいる。

編集は変化拡散し、特別な職種を示す言葉ではなくなった。

いま「編集」と言ったとき、“一定の方針に従って資料を整理し、新聞・雑誌・書物などにまとめること”(大辞泉)を第一義に思い浮かべる人は少ないだろう。

「日本大百科全書」の「編集」の項には、書籍・雑誌の編集の解説のあとに、“編集ということばは一般家庭でも用いられるようになった”と記す。家族や友人に見せるために映像や写真を加工する作業も「編集」と呼んでいるという説明があり、こう続く。

“「編集」という英語editingの語源はto give out, publishすなわち公にすること、発表することであり、そのための準備作業をいう。専門職能を意味する編集ということばが普及したのは、テクノロジーの発達によって、それだけ大衆化したということである。”

誰もが編集をする時代になってしまった。つくったものを公にするために集めて編む。

そんなときに「編集術/編集力」を自分のものとするためには、2つの意識が大切。「当事者意識」と「コミュニティ意識」だ【図1】

図1 現代の「編集」に必要な2つの意識

新しい編集の在り方 「好きだからやっている」

紙の時代。専門誌は、そのテーマを大好きな人に編集長をやらせなかったという。大好きな人がやるとマニアックになって、普通の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する