広告マーケティングの専門メディア

           

マーケティングDX

企業は「データ利活用」のどこでつまずく?機械学習で膨大なデータに対応する

渡部知博氏(スプリームシステム)

顧客とのデジタル接点が増えるごとに、取得できるデータも増えていく。企業は“データ利活用”の分野において、どのような課題を抱えているのか。マーケティングDXツールの提供などにより、マーケティング活動のデジタル領域を支援するスプリームシステムの渡部知博氏が国内企業の現状について話す。



スプリームシステム
代表取締役社長兼CEO
渡部知博氏

2008年、日本総研ソリューションズ(現・JSOL)入社。SEとしてWebアプリケーション開発経験を経た後、金融・公共営業部門にてアカウント営業を担当。2012年から2021年まで外資系SaaS企業(Salesforce、Yext)にて中小〜大手企業向け営業担当、および営業マネジメントとして国内マーケット拡大に従事。2022年1月にスプリームシステムに執行役員CRO(Chief Revenue Officer)として参画。10月より代表取締役社長兼CEOに就任。

    Q1 データドリブンなマーケティングを志向する企業も増えていますが、昨今のマーケティング活動における、データ利活用の課題とは?

    A 増え続けるデータに対し、対応しきれていない企業が多い。

    多くのクライアント企業とのコミュニケーションの中で、よく聞く課題は3点あります。

    1点目はデータの統合です。各企業にて蓄積されるデータの種類や量は、ここ数年で爆発的に増えてきましたし、今後も増えていきます。この大きな要因として考えられるのが、オフラインだけでなく、ECサイト、モバイルアプリ、SNSをはじめとしたオンラインの顧客接点チャネルの数が増えたことです。

    データ統合において、企業が利用しているシステムの種類は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケティングDX の記事一覧

手段のデジタル化にとどまらない コミュニケーションの全体設計こそDX
顧客とのオンライン接点の整理がマーケティングDXの最初の一歩
既存の資産がDX推進の鍵になる 自社が保有するデータの棚卸からスタート
小さなことから「実践」することで「DX化する価値」の共通認識をつくる
企業は「データ利活用」のどこでつまずく?機械学習で膨大なデータに対応する(この記事です)
多様な専門性が求められるDX領域 越境による協働経験が人材を育てる
最重要なのは「目的意識」 マーケティングを起点に企業全体の活動へ
カシオ×チュチュアンナ 業態の異なる2社が考えるDX時代の顧客とのつながり方
テレビとデジタルの統合指標で実現する 日産自動車の未来の顧客へのアプローチ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する