広告マーケティングの専門メディア

           

「人」中心マーケティングのススメ

買い物に気づきと出会い 小売業が提供すべき価値とは?

小野寺 裕貴氏(インテージ)

消費者ではなく、生活者という言葉が使われる場面が増えました。真に生活者起点のマーケティングを実践するうえでは、一人ひとりの顧客に「人」として向き合うことが求められています。データも駆使した、「人」中心のマーケティングの実践論を全12回の連載で解説していきます。

なぜ米国リテール市場はコロナ禍でも成長できるのか?

コロナの蔓延が始まった2020年、国内の小売業販売額は前年比▲3.2%※1だったのに対し、2021年は前年比+1.9%※2となりました。この結果から、生活者が徐々に新たな生活様式に適応し、活動を再開していることが伺えます。

※1 2020年小売業販売を振り返る 経済産業省
※2 2021年小売業販売を振り返る 経済産業省

一方、小売業最先端のアメリカに目を向けると、2020年は同+6.7%、2021年は同+10.5%※3とコロナ禍でも力強い成長を遂げています。

※3 US Retail Sales Now Forecast

アメリカ小売業が成長し続ける大きな要因として、生活者の意識や行動の変化を速やかに捉えて、対応していることが挙げられます。大手スーパーマーケットであるTargetのCEO Brian Cornell氏も「変化が激しいなかで小売業が生き残るためには、“生活者の声に耳を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「人」中心マーケティングのススメ の記事一覧

買い物に気づきと出会い 小売業が提供すべき価値とは?(この記事です)
メディアプランを選択するための根拠となるデータとは?
本当にその指標は事業貢献に結びついているの?広告の目標を問い直す
メディア行動をデータで捉え、適切なメディアプランを組むには?
収益に影響する活動を読み解く 生活者視点のロジックをつくろう
「お客さまの声」を聞きすぎる罠

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する