広告マーケティングの専門メディア

           

米国広告マーケティング事情

米企業はNFTをマーケティングにどう使っているのか?

松本泰輔

デジタル世界に新たな資産価値を供給し、昨年から話題沸騰の非代替性トークン(Non-Fungible Token:以下NFT)。端的にいうとNFTとは、代替不可能なブロックチェーン上で発行され、デジタル上で資産鑑定書や所有証明書を持つ、唯一無二のデータのことである。そして夏前に続々と大手企業がNFTを主体とするキャンペーンを発表し、話題となっている。

スポーツメーカーのプーマ、NFTカリスマクリエイターと提携

スポーツメーカーのプーマは6月27日、「世界的に著名なNFTショップ『10KTF』と提携し、その本拠地である仮想都市ニュートーキョーに入居する」と発表した。10KTFオーナーのWagmi-sanはNFT世界ではカリスマ的クリエイターとして知られる。仮想都市内にオープンしている店舗を通してプーマの新NFTコレクションの販売はもちろん、スポーツグッズの商品化まで視野に入れ、市場拡大を目指す。

同社チーフブランドオフィサーのアダム・ペトリック氏は「『実在社会で消費者と結びつくこと』と『実際の物理的商品をデジタル世界に持ち込む機会を消費者に与えること』をスポーツブランドとして考慮しなければならない」とヴォーグビジネス誌に企画意図を語っている。競合のナイキやアディダスはすでにメタバース(インターネット上で活動可能な仮想空間)へ深く浸透しており、プーマはライバルのあとを追ってNFT市場に参入する方針だ。

(1)プーマ

NFTカリスマ・クリエイターWagmi-sanとのコラボで実現したプーマのWeb3プロジェクト。ヴァーチャル都市「ニュートーキョー」に店舗を構え、NFTコレクションを提供していく。

大手百貨店メイシーズ、独立記念日花火大会に1万点のNFTをリリース

大手百貨店メイシーズは、昨年スポンサーを務める感謝祭パレードでNFTを提供し、好評を得た。そして今年は7月4日の独立記念日に、1万点のNFTを顧客やデジタルファンにリリースし、さらに大きな話題を集めた。ニューヨークの夏の風物詩である「メイシーズ独立記念日花火大会」のエグゼクティブ・プロデューサー、ウィル・コス氏は「全米最大の花火大会で独立記念日を祝うように、メイシーズはその楽しさを、デジタル社会に歓喜をもたらすWeb3(ブロックチェーン技術活用による権力分散型Web)の世界へ取り入れたかった」と発表した。

「エルメス、グッチ、ルイヴィトンなど高級ブランドが昨年から行っているように、リテール産業は顧客ロイヤルティ構築とブランド認知向上のためにNFTを活用し始めている」とアドウィーク誌は分析している。

(2)メイシーズ

毎夏恒例のニューヨーク「メイシーズ独立記念日花火大会」をスポンサードするメイシーズが、SNSディスコードに新コミュニティを開設し、1万点のNFTを無料で配布した。

暗号通貨取引会社バイナンス スポーツ選手とコラボ

暗号通貨取引会社バイナンスは6月23日、ツイッターで「サッカー界のレジェンド、クリスティアーノ・ロナウドと複数年のNFTパートナー契約を結んだ」と発表した。詳細は明らかにされていないが、動画でロナウドは「バイナンス社といっしょにNFTゲームを変え、サッカーを新たなレベルへ引き上げていきます」と述べた。

スポーツ選手と仮想通貨の世界は無縁ではなく、今年前半にはCrypto.comがNBAスター選手レブロン・ジェームズを、FTXが元NBA選手シャキール・オニールを、それぞれ起用したCMを放送したばかり。バイナンス社の公式ブログには「今年後半に販売予定のNFTコレクションは、ロナウド氏とコラボでつくるデザインになる」と述べた。同社顧客は通貨バイナンス・ペイを使用して購入することができる。

オールドネイビー、創業年と同じ数のNFTを販売しチャリティーに寄付

アパレルチェーンのオールドネイビーは6月24日、「当社のNFTを象徴するMagic the Dogを含む1994個(1994年創業)のNFTを1個94セントで販売し、それ以外に貴重なNFTをオークションにかける」と発表した。同月27日には特設サイトでオールドネイビーTシャツを着たゴールドに輝くMagic the Dogのオークションと、その他のNFT販売が開始された。オークション品は1400ドル(約189,000円)で落札されるなど、盛り上がりを見せた。

(3)オールドネイビー

オリジナルキャラクターのMagic the DogでつくったNFTを販売するオールドネイビー。販売サイト(上)とオークションサイト(下)があり、オークションはわずか一日で1400ドルの高値がついた。

バーバリー、ミシカル・ゲームズと提携、新NFTコレクション発表

バーバリーは6月20日、「ミシカル・ゲームズと提携し、同社の代表作であるゲーム「ブランコスブロック・パーティ」上のコミュニティに新NFTコレクションを提供する」と発表した。2年連続のコラボレーションとなる本企画は、バーバリーがゲーム内にオリジナルのソーシャルスペースをつくり、そこでファンがバーチャル体験を楽しむことができるもの。新コレクションは全てオリジナルデザインのラジカセ、サンダル、ネックレス、携帯電話アクセサリーなどで、いずれもプレイヤーたちが自身のバーチャルポートフォリオに保存できる。

大手企業の管理下にあるメタバースワールドとは異なり、ユーザー自身が所有権を持つNFTは、デジタル・ネイティブであるミレニアルやZ世代にとって非常に魅力的に映る。彼らが熱狂するものを提供し、より深いエンゲージメントを得ようと、各企業の競争が激しくなっている。

(4)バーバリー

大人気ゲーム「ブランコスブロック・パーティ」内にコミュニティをつくり、そこでオリジナルNFTコレクションを販売するバーバリー。

松本泰輔(まつもと・たいすけ)

Coast to Coast Marketing Services 代表。AEとして約10年広告代理店に勤務後、1995年渡米。大学院卒業後、ニューヨークの広告代理店にて通信・金融・食品会社などを担当し、2005年独立。アメリカ東海岸を拠点にマーケティング、ジャーナリズム分野にて幅広く活動。2011年、宣伝会議より『フェイスブックインパクト』を共著にて発表。
ty@coast2coastmarketing.us

米国広告マーケティング事情の記事一覧

米国広告マーケティング事情の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する