広告マーケティングの専門メディア

           

広告界イベント&新商品情報

電通ジャパンネットワーク 企業のメタバース活用を統合的に支援ほか

電通ジャパンネットワーク 企業のメタバース活用を統合的に支援


電通ジャパンネットワーク(DJN)のR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」およびDJN傘下の5社の横断組織「XRX STUDIO」は、企業によるメタバース活用を統合的に支援する「インテグレーテッド メタバース ソリューション」の提供を開始した。

今回、グループ各社のメタバース関連のナレッジを企業支援に生かしていくため、XRX STUDIO内に「事業開発」「オウンドメディア開発」「店舗開発」「統合プロモーション」の領域に特化した4つの専門チームを組成。それぞれの領域で、事業計画策定/パートナー開拓/UIUXプランニング/実施/データ取得・分析/PDCA/投資などの支援を統合的に行う。

「事業開発支援」では、ライブエンターテインメント事業の企画・実施のほか、BtoBイベントやカンファレンスの企画・実施、マネタイズ設計やパートナー・アライアンス先の開拓などを行う。

また「オウンドメディア開発」ではUIUX設計から運用支援までを実施。「店舗開発支援」ではメタバース空間に最適化した店舗設計などを行う。「統合プロモーション支援」としては、メタバース空間上の屋外広告や展示会、リアルとの連動など、プロモーション全体の最適化を図る。

博報堂DYMPが朝日新聞と連携 メディア企業のサイト構築や運用を支援


博報堂DYメディアパートナーズは、朝日新聞社が開発・提供するCMS「ポトフ」を活用し、メディア企業のサイト構築や運用を統合的に行うサービスの提供を開始する。

CMS「ポトフ」は、朝日新聞社が開発したコンテンツ管理システム。Webサイトのスピーディーな立ち上げと、継続的な改善を目的に2016年から開発・運用を行ってきたもので、現在他社サイト5例を含む約30サイトが稼働している。

今回、博報堂DYメディアパートナーズが培ってきたメディアDXの知見やソリューション、クリエイティビティを組み合わせ、ターゲットとのエンゲージメントを提案。各種調査データや事例を基にしたコンサルティングや、各種メディアDXソリューションの提案などを行っていくという。

サイト構築においてはバーティカルメディアやローカルメディアで複数の導入実績を持つ朝日新聞社CMS「ポトフ」を活用することで、少人数かつ短期間でメディアを立ち上げ、運営をすることが可能に。オプションとして自動見出し作成、自動記事要約など、朝日新聞社の過去30年分の記事データを機械学習させた独自の人工知能活用サービスも利用することができる。

ドコモとサイバーエージェント 新会社「Prism Partner」設立


サイバーエージェントとNTTドコモは、両社の経営資源を活用した広告事業の展開を目的に、新たに「株式会社Prism Partner(プリズムパートナー)」を設立する。

新会社では、ドコモが保有するサービス利用情報などの会員基盤データやオンライン・オフラインデータを基に広告を配信するドコモのターゲティング広告商材を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界イベント&新商品情報 の記事一覧

電通ジャパンネットワーク 企業のメタバース活用を統合的に支援ほか(この記事です)
電通 G、イグニション・ポイントと資本提携 ほか
博報堂DYグループら ライブコマース施策をワンストップで支援ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する