広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

音楽に合わせて奏で、踊る クラフトボスと星のカービィがコラボ

サントリー食品インターナショナル「クラフトボス×星のカービィ コラボキャンペーン」

サントリー食品インターナショナルは、誕生から30周年を迎えたBOSSブランドの「クラフトボス」と、同じく30周年となる人気ゲームシリーズ「星のカービィ」とのコラボレーション企画を実施した。

愛されキャラのカービィが働く人々の気分に寄り添う

サントリー食品インターナショナルは、BOSSブランドの「クラフトボス」と、ハル研究所と任天堂が開発し、任天堂が販売する人気ゲームシリーズ「星のカービィ」とのコラボレーション企画を実施。WebCM「選べるって、楽しい!」篇を4月4日より公開した。

クラフトボスは3月8日より、“気分で選べる音楽”をテーマに20種類のラベルデザインでリニューアル。「SONG&CRAFTBOSS」と題したキャンペーンを展開し、働く人々を応援する音楽を集めたプレイリストを提供している。

本キャンペーンの一環として、誕生から今年で30周年を迎えたBOSSブランドの「クラフトボス」と「星のカービィ」とのコラボ企画を実施。「みんなを癒し、元気をくれる存在」として、カービィの可愛らしい癒しのイメージで、キャンペーンをさらに盛り上げる狙いだ。

音楽を軸にした本キャンペーンに合わせ、「星のカービィ」とのコラボでは、シリーズの名曲『グリーングリーンズ』を「クラフトボス」の新ラベルモチーフとなったJAZZ・ROCK・CHILL・POPの4つの音楽ジャンルにアレンジ。カービィがミュージシャンになりきって演奏したり踊ったりと、ノリノリでごきげんな姿を楽しめるWebCMを制作した。併せて「星のカービィ」からインスピレーションを受けたプレイリスト15曲をSpotifyでも提供した(現在は終了)。

コラボ企画のプランナーとコピーライティングを手掛けた大広WEDOの太田有紀氏は、「音楽を自由気ままに楽しむカービィを通して、“その日その時の気分に寄り添う新クラフトボス”という印象を強く伝えています。仕事でちょっと一息つきたい時、気分を変えたい時などに見ていただくことで、少しでも前向きな気持ちになっていただければと考えました」と施策の狙いについて語る。

「星のカービィ」シリーズの名曲『グリーングリーンズ』を「クラフトボス」の新ラベルモチーフとなった4つの音楽ジャンルにアレンジ。WebCMではJAZZ・ROCK・CHILL・POPの4つのジャンルで、カービィやワドルディのノリノリでごきげんな姿を楽しめる。

さまざまな気分のカービィに元気をもらい、前向きな気持ちになってほしい。そんな思いが込められたWebCMだ。映像だけでなくプレイリストの音楽で余韻も楽しめる。

ファンを裏切らない企画で高い好感度を獲得

WebCM...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する