広告マーケティングの専門メディア

デジタル広告品質とコンテキストターゲティング

ユーザーに求められる広告配信に向けた ブランドの能動的なアドベリ活用

田中洋一氏(日本オラクル)

Q「デジタル広告の品質」にかかわる領域で、もっとも注目している課題を教えてください。

A 検証を継続的に繰り返して“ユーザー理解”を深め、求められる情報を提供する。

ユーザーの生活シーンで必要な情報であれば、広告は広告でなくコンテンツとしてユーザーに受け入れられると考えています。ブランドがターゲットとするユーザーの生活シーンは、接触する媒体によってもさまざまです。

ユーザーの接触媒体や媒体フォーマットごとに伝えたいメッセージングのクリエイティブを複数用意して検証を繰り返すことで、ユーザーがコンテンツとして受け入れられる広告確率が上がっていくことが理想です。データを活用し、広告クリエイティブの検証などを行うことで、“ユーザー理解”を深めることが重要だと考えます。

Q デジタル広告にかかわる各プレイヤー間で、品質の課題に対する意識にギャップはあると思いますか?

A アドベリフィケーションの取り組みは、ブランドによって二極化している。

JICDAQ設立後、国内ブランドのアドベリフィケーションの取り組みが二極化したと感じます。積極派のブランドについては、アドフラウドの排除、ブランドセーフティを媒体ごとにしっかりとモニタリングし、2つの数値を安全な配信面での広告配信のみにするために、最適化のサイクルを回しています。

同時に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル広告品質とコンテキストターゲティング の記事一覧

ユーザーに求められる広告配信に向けた ブランドの能動的なアドベリ活用(この記事です)
デジタルメディアの健全な環境構築へ向け いかなる不正も絶対に許さない姿勢を
デジタル広告を出稿する『場』のコンテンツの安全性は広告主にも重要事項
事業者の不安解消だけでなく ユーザーにポジティブなデジタル広告を再検討する
なにを指標とするかが重要 デジタル広告の目的やフォーマットに応じた効果測定を
インターネット広告は、なぜ嫌われる?広告とコンテンツを寄り添った関係に
38社にアンケート!大手企業の宣伝部長が考えるデジタル広告の品質問題
第三者検証機関、ABC協会に聞く JICDAQ認証の仕組みと展望
JICDAQとコメ兵が対談 広告主の課題意識の向上をどう実現する?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する