広告マーケティングの専門メディア

国内主要企業38社 2022年度の戦略と方針

38社の部長が選ぶ2022年の注力施策、トップは「ブランド価値の向上」

毎年恒例となっている「広告・宣伝/マーケティング」の部長によるアンケート特集。ここでは企業別のアンケートでも掲載した「今年注力したい領域」「実務上で抱えている課題」「今年注目の広告・マーケティングの話題」「部門の人材に期待するスキル」の4つの設問を集計し、全体を俯瞰した結果を分析した。

    効果測定は当たり前の時代、「マーケティング投資の最適化」が注目

    社会や生活者の変化が著しい中では、注力施策、関心の手法、課題、部内に求めるスキルも、それぞれ時流に対応するものになっていることがわかった。

    コロナ禍で改めて見直すきっかけになった顧客との関係性や、ブランド価値の向上が今年度の注力領域の上位を占める結果に。

    そして、デジタルテクノロジーの知識不足を課題に感じる企業が多いことも社会の変化に対応するべく、企業の広告・マーケティング担当者が解決策を模索しているところだと言えそうだ。


今年度注力したい領域は「ブランド価値の向上」...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

国内主要企業38社 2022年度の戦略と方針の記事一覧

国内主要企業38社 2022年度の戦略と方針の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する