広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

番組同時配信、民放5局出揃う NHKもネット配信の「社会実証」を開始

明石庸司

在京4局がリアルタイム配信開始 広告・コンテンツ体験の最適化を図る

民放在京・在阪テレビ10社(5系列)のテレビ番組同時配信(リアルタイム配信)が民放公式テレビ配信サービス「TVer」で4月11日から開始された。当面は夜18時~19時以降に放送されるゴールデン、プライム帯の番組が放送と同時にインターネット配信で視聴できる。ドラマやバラエティ番組を中心に、「報道ステーション」(テレビ朝日系)、「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(テレビ東京系)などの報道番組も含まれる。

リアルタイム配信はスマホやタブレットのTVerアプリとPCのブラウザが対応。TVerはネットに結線したスマートテレビやChromecast向けのアプリも提供しているが、テレビデバイスでは、現状見逃し視聴のみとなる。

民放の番組同時配信は昨年10月から日本テレビが先行して開始していたが、これで5局が揃った形だ。同時配信が始まることで、民放のネット配信が新たなフェーズを迎えることになった。

リアルタイム配信の開始に合わせ、TVerは4月1日にサイトの大幅なリニューアルを行った。デザインではホーム画面を刷新し、縦スクロールの1つの画面に集約。レコメンドや特集を強化した。

また、ユーザー登録(ログイン)制度「TVer ID」を開始。ユーザー登録は無料で、スマホやテレビアプリなどの各デバイスにログインすると、視聴中の番組の情報が共有されるため、デバイスを横断して途中からの再生が可能となる。

また、「お気に入り」番組のリストもデバイスを横断して共有される。従来どおり、ログインしなくても視聴は可能。リアルタイム配信では...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

広告業界が忘れてはいけないこと「情報は諸刃の剣になる」
雑誌は「好き」を生み出せるメディア DXが進めば感情の醸成も自動化するのか?
新事業の鍵を握る「地域特性」 新聞各社が多様な展開
番組同時配信、民放5局出揃う NHKもネット配信の「社会実証」を開始(この記事です)
時代が移ると、テーマも変わる Advertising Weekから見る業界事情
雑誌は、「コンテンツメディア」というより「知的で本質的」なものである
デジタル事業の拡大・拡充進む ネット時代 情報環境の変化に対応
民放がTVerと同時配信 2022年度は番組放送の在り方が変わる
広告業界と「メシ」、切っても切り離せないビジネスとの関係性とは?
雑誌の広告タイアップ記事の価値はどこに存在しているのか?
2021年下半期、新聞社発の情報が最も高まったのはどの瞬間だった?
2022年度の営業収入見通し テレビ、ラジオともに増収を予測
アフリカの広告業界事情<後編> 広告人の登竜門、「広告学校」って?
読者との交流には「安全」を、企業顧客とメディアには「柔軟性」を備えよ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する