広告マーケティングの専門メディア

経済学の視点

日本経済は集団主義的なのか

友野典男氏(明治大学 大学院)

「集団主義」の思い込みは経済を危機に陥れる

前回「日本人は集団主義か?」というテーマで、心理学者の高野陽太郎氏の主張を中心に論じた。日本人が集団主義であろうがなかろうが我々の生活や経済とは無関係ではないか、と思われた方もいるかもしれない。実はそうとは言えず、大いに関係があるのだ。というより日本経済を脅かしかねない「危険思想」なのである。今回も高野氏の主張を踏まえて考えてみよう。

危険思想だという理由は、日本人集団主義説は日本異質論につながるからである。日本異質論とは、1980年代の日米貿易摩擦時に特にアメリカが主張したことで、日本ではグローバル・スタンダードから外れたアンフェアな経済慣行がまかり通っていて、そのため日本経済は強いのだ、そのような特殊な行動をする日本は排除しなければならない、という主張の元になるのである。

「今とは時代が違う」、「日本経済は以前のような強さはないから、排除される心配はない」という声が聞こえてきそうだが、そう楽観もできない。

2017~18年頃、トランプ元大統領は、「日本の自動車市場は閉鎖的であり、アメリカ車の輸入を妨害する非関税障壁がある」と主張した。これは1980年代の日米貿易摩擦時の議論によく似ている。当時主流であり...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経済学の視点 の記事一覧

日本経済は集団主義的なのか(この記事です)
日本人は本当に「集団主義」なのか?
「思考の型」をもつということ
無料(フリー)と広告の危機
結果予想が大外れ 衆議院選挙の事前調査から学べること
「合理的」な愚か者

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する