広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

民放がTVerと同時配信 2022年度は番組放送の在り方が変わる

明石庸司

2022年FIFAワールドカップ 「ABEMA」が全試合を無料で生配信

今年11月から中東カタールで開催されるサッカーのワールドカップ(FIFAワールドカップ カタール2022)についてNHK、テレビ朝日、フジテレビの3社は3月8日、それぞれ放送権を獲得したと発表した。全64試合のうち、NHKは開幕戦と決勝を含む21試合を地上波・BSなどで放送する予定。テレビ朝日系列とフジテレビ系列はそれぞれ10試合ずつ地上波で放送するとしている。また、サイバーエージェントも3月15日、インターネットテレビ「ABEMA」で全試合を無料生中継すると発表した。

サッカーワールドカップは、2002年日韓大会から前回の2018年ロシア大会まで5大会はNHKと民放で構成するジャパンコンソーシアム(JC)が放送権を取得し、NHKと民放各社が地上波およびBSで放送してきた。また、衛星放送では日韓大会から2010年南アフリカ大会までスカパー!も放送していた。ただ、大会ごとに放送権料の高騰が伝えられており、スカパー!の撤退に続き、2010年南アフリカ大会以降、民放も赤字となっていたことから、カタール大会ではNHK・民放各局のJCの枠組みではなく、民放は各社の判断となったようだ。

日本代表は、原稿執筆時点では本大会出場が決まっていない。3月24日のアジア最終予選オーストラリア戦に日本が勝利した場合、7大会連続の本大会出場が決定する。そのアジア最終予選は、動画配信サービス「DAZN」が日本国内の配信権を取得。地上波テレビでは日本で行われるホームゲーム4試合をテレビ朝日が取得し中継を行ったものの、24日のオーストラリア戦を含むアウェー戦はDAZNの有料配信のみで地上波中継がない。そのため...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

時代が移ると、テーマも変わる Advertising Weekから見る業界事情
雑誌は、「コンテンツメディア」というより「知的で本質的」なものである
デジタル事業の拡大・拡充進む ネット時代 情報環境の変化に対応
民放がTVerと同時配信 2022年度は番組放送の在り方が変わる(この記事です)
広告業界と「メシ」、切っても切り離せないビジネスとの関係性とは?
雑誌の広告タイアップ記事の価値はどこに存在しているのか?
2021年下半期、新聞社発の情報が最も高まったのはどの瞬間だった?
2022年度の営業収入見通し テレビ、ラジオともに増収を予測
アフリカの広告業界事情<後編> 広告人の登竜門、「広告学校」って?
読者との交流には「安全」を、企業顧客とメディアには「柔軟性」を備えよ
減少続く発行部数、新聞離れにどう対応する?
2022年のNHK、インターネット活用に引き続き注力
アフリカの広告業界事情<前編> 「アナログを飛び越え、いきなりデジタルから始まった」
2022年、雑誌は「推し」を取り巻く『コミュニティービジネス』へと変化する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する