広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

高レベルな激闘を制したのは2作品 中高生部門は前代未聞のダブルグランプリに

2月某日、第6回「中高生部門」の最終審査会が行われました。厳正なる審査の末、今回グランプリを受賞したのは2つの作品。前例のない結果となりましたが、どちらもグランプリにふさわしい作品として選定されました。各賞を受賞された皆さん、おめでとうございます!ここでは、中高生ならではの視点から生み出された作品を一挙紹介します。

ヤマハ発動機【キャッチフレーズ】

「電チャリ」に乗って学生生活を送りたくなるアイデア

グランプリ

ヤマッハ

横浜市立大綱中学校 伊藤紗妃(中3)
今回、このような賞をいただけたことに、とても驚いています。国語の授業中に終えられなかった宿題を塾で考えていたところ、「ヤマハ」「電チャリ」「速い」という3つのワードを見て、ふと頭の中に「ヤマッハ」というフレーズが思い浮かびました。これからも自分の感性を大切にしていきたいです。

    [講評]

    去年のグランプリ作品は見返さなくても覚えています。グランプリ、ましてやコピーにはそのようなインパクトや、一度見ただけで“忘れられないこと”が必要だと思うのです。一次審査から忘れられない「ヤマッハ」。たった4文字で電チャリのスピード感や、初めて電チャリに乗ったときの爽快感を伝えられるのは素晴らしいですし、中高生“らしさ”も言葉に全面に出ているコピーだと思います。あらゆる面を考慮しても、この作品はグランプリにふさわしいと思います。

特別課題【キャッチフレーズ】

中高生が積極的にSDGsに参加したくなるコピー

グランプリ

俺、スカートはきたい。

清光学園高岡龍谷高等学校 笹嶋一斗(高2)
このたびは「宣伝会議賞」中高生部門でグランプリを受賞できたことを大変嬉しく光栄に思います。自分の作品が選ばれるとは夢にも思っていませんでした。このキャッチフレーズを見て少しでも多くの人がSDGsに興味を持ってくれるよう願っております。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

一次審査の通過数を競う「優秀学校賞」220校の頂点に立った学校は?
第6回「中高生部門」の協賛企業賞が決定!
高レベルな激闘を制したのは2作品 中高生部門は前代未聞のダブルグランプリに(この記事です)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(6)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(5)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(4)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(3)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(2)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(1)
0.003%の壁を勝ち抜いた24点 この中からグランプリが生まれる
協賛企業賞とグランプリの違い、ここではっきりさせときたい!
第59回「宣伝会議賞」ファイナリスト発表
団体応募の学校数は200校以上 全国の中高生がコピーづくりを体験
大学生が繰り広げるコピーの熱戦 70チームの熾烈な争いを制したのは?
広告コピーの面白さは「答え」がひとつじゃないこと、だと思う
企業の担当者に聞く、広告起用したくなるコピーとは?
第59回「宣伝会議賞」一次審査通過者を発表!
協賛企業の誌面オリエンテーション(6)
「中高生部門」、作品を募集中です! キャッチフレーズを考えてみませんか?
協賛企業の誌面オリエンテーション(5)
第59回「宣伝会議賞」キックオフイベント 人の心を動かす言葉のつくり方
協賛企業の誌面オリエンテーション(4)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する