広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

協賛企業賞とグランプリの違い、ここではっきりさせときたい!

石田文子氏(電通)

「宣伝会議賞」の応募者が目指すのは、もちろんグランプリの受賞。しかしグランプリをはじめとする各賞とまた別の視点で評価され、異なる魅力を発揮するのが協賛企業賞の受賞作品です。「グランプリと協賛企業賞で求められるコピーの違いは?」「『宣伝会議賞』“らしさ”とは?」ここでは、そんな編集部からの疑問を第33回のグランプリ受賞者であり、現在は審査員も務める石田文子氏に聞いてみました。

クライアントには出しにくい(笑)

私がグランプリを受賞したのは、東京ガスの床暖房についての課題。「家に帰ると、母が倒れていた。」というコピーでした。

ちょっとドキッとしますよね(笑)。一見、ネガティブなシーンですから。

すぐに床暖房のコピーだと気づいてもらえれば「なるほどね」と笑ってくれる方もいると思います。一方で、ネガな感情を持たれて、企業のイメージを崩してしまうことがないとは言いきれません。ですから実際の仕事だったら提案しないコピーかも、と思いながら応募しました。当時の審査員の方からも「これ、クライアントには出せないよね(笑)」と言われたのを覚えています。

なのに、グランプリ。このことや今までの受賞作を見てみると、グランプリに選ばれやすいのは、より“コピーライター目線”と“消費者目線”が強いもの。時代に合った面白さがあったり、社会に対してこれまでと違う視点を提案していたり、「まだ言葉にしていなかったけど、実は私も思ってた」と半歩先を言い当てて共感される...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

一次審査の通過数を競う「優秀学校賞」220校の頂点に立った学校は?
第6回「中高生部門」の協賛企業賞が決定!
高レベルな激闘を制したのは2作品 中高生部門は前代未聞のダブルグランプリに
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(6)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(5)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(4)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(3)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(2)
協賛企業賞が決定!37の作品と選定の理由(1)
0.003%の壁を勝ち抜いた24点 この中からグランプリが生まれる
協賛企業賞とグランプリの違い、ここではっきりさせときたい!(この記事です)
第59回「宣伝会議賞」ファイナリスト発表
団体応募の学校数は200校以上 全国の中高生がコピーづくりを体験
大学生が繰り広げるコピーの熱戦 70チームの熾烈な争いを制したのは?
広告コピーの面白さは「答え」がひとつじゃないこと、だと思う
企業の担当者に聞く、広告起用したくなるコピーとは?
第59回「宣伝会議賞」一次審査通過者を発表!
協賛企業の誌面オリエンテーション(6)
「中高生部門」、作品を募集中です! キャッチフレーズを考えてみませんか?
協賛企業の誌面オリエンテーション(5)
第59回「宣伝会議賞」キックオフイベント 人の心を動かす言葉のつくり方
協賛企業の誌面オリエンテーション(4)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する