広告マーケティングの専門メディア

経済学の視点

日本人は本当に「集団主義」なのか?

友野典男氏(明治大学 大学院)

“自粛警察”的な行動への支持 国際比較で導く、日本の真の姿

日本人は集団主義だというのは、よくある日本人の特徴付けである。自分を抑えて集団に従うとか個性がないと言われるし、空気を読まないといけない、周りに合わせないといけないという同調圧力がことのほか強いのも特徴だとよく言われる。同調は集団主義の顕著な現われとみなされている。

しかし、本当に日本人は集団主義なのだろうか?こういう疑問を持ち徹底的に検証したのが心理学者の高野陽太郎氏である。氏は著書『「集団主義」という錯覚』『日本人論の危険なあやまち』などを通じて、日本人集団主義説を厳しく糾弾した。彼の主張に基づいて日本人集団主義説の当否を考えてみよう。

高野氏の批判の中心は、日本人集団主義説には実証的根拠がないというものである。日本人集団主義説を支持する著作では、「自粛警察」や「出る杭は打たれる」といったエピソ-ドや諺が挙げられることが多いが、これはエビデンスにはならない。

では、きちんとした調査や実験研究はどんな結論を出しているだろうか?いくつか見てみよう。まず、三浦麻子氏らが2020年に行った国際比較調査がある。彼らは日本、アメリカ、イギリス、イタリア、中国に住む人々に対して、「非常時には、他の人たちが政府の方針に従っているか...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経済学の視点 の記事一覧

日本人は本当に「集団主義」なのか?(この記事です)
「思考の型」をもつということ
無料(フリー)と広告の危機
結果予想が大外れ 衆議院選挙の事前調査から学べること
「合理的」な愚か者
マーケティングの「青い鳥」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する