広告マーケティングの専門メディア

           

生活者に寄り添う広告・コミュニケーション戦略

データを読み解く、視点と視座 生活者の『リアル』がマーケターを刺激する!

CCCマーケティング

改めて、未来の顧客を自ら考える仮説設計力がマーケターに強く求められている今、「顧客」でも「消費者」でもない「生活者」のリアルな姿を知るための視座をCCCマーケティングが保有するデータから導き出していく。

渋谷の街に来ている若者はテレビ視聴スタイルに特徴はある?

全国で約7000万人のT会員の購買データと全国約46万人のテレビ視聴データをつなげ、メディア接触から購買までをシングルソースパネルのデータで分析することを可能にするCCCマーケティングが提供するユニークデータ。購買データについては「何を買ったか?」だけでなく、「どこで買ったか?」がわかり、さらに定期的なT会員へのアンケートなどを通じて、行動だけでなく意識レベルにまで迫るデータをIDベースで紐づけている。

メディア接触、購買という行動と意識・嗜好性に関するデータが紐づいたとき、マーケターにどんな新たな仮説設定の視座が提供できるのか。今回は、ユーザーがよく活動をする「街」を基点に、同社の考察を紹介する。コロナ禍において、外出の自粛が叫ばれるなかで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

生活者に寄り添う広告・コミュニケーション戦略 の記事一覧

データを読み解く、視点と視座 生活者の『リアル』がマーケターを刺激する!(この記事です)
タイムテーブル全体で『R』PDCAを回す 中京テレビに見る、放送局のデータ利活用
還元したい価値を提示した先に顧客との信頼関係を築く
データを用いて生活者のインサイトに迫り心を動かすコミュニケーションを目指す
顧客視点の「ジョブ」でマーケティングプランを策定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する