広告マーケティングの専門メディア

           

生活者に寄り添う広告・コミュニケーション戦略

タイムテーブル全体で『R』PDCAを回す 中京テレビに見る、放送局のデータ利活用

内藤庸介氏(中京テレビ放送)

企業のターゲットのセグメントがより緻密になるなかで、放送局にも絶対値の視聴率だけでない、新たな指標の提供が期待されている。データの利活用や、そのわかりやすい社外への提供を進める中京テレビ放送の取り組みを聞いた。

視聴率も世帯だけでなく個人へ。さらにインターネットに結線されたテレビの普及で、市区町村別まで掘り下げた視聴データが取れる時代。放送局のデータ利活用も大きな進化を遂げている。

「地元のライバル局であっても、自ら出向いてデータ利活用の講習をしている。全国のテレビメディアが適切なデータを提供できるようになれば、広告主の方たちのテレビに対する広告投資の比率を高めることになるのでは」と語る中京テレビの内藤庸介氏は、まさにテレビ局のデータ利活用のアンバサダー的存在だ。

「PDCAの前にR(リサーチ)があるべき」という持論を展開する内藤氏。「プランニングの前にリサーチがあるべき」という考えのもと、編成部においては中京テレビのタイムテーブル全体のRPDCAを回すとともに、マーケティング&広報宣伝の統括も兼務し、自らも広告主となって番組ごとに獲得したい生活者の視聴を促す取り組みをしている。

営業、制作、東京支社での編成業務を担当し、現職に就いた内藤氏は「タイムテーブルは商品である」との考えを持つ。「系列の日本テレビでは13〜49歳の男女をコアターゲットに設定しているので、まずは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

生活者に寄り添う広告・コミュニケーション戦略 の記事一覧

データを読み解く、視点と視座 生活者の『リアル』がマーケターを刺激する!
タイムテーブル全体で『R』PDCAを回す 中京テレビに見る、放送局のデータ利活用(この記事です)
還元したい価値を提示した先に顧客との信頼関係を築く
データを用いて生活者のインサイトに迫り心を動かすコミュニケーションを目指す
顧客視点の「ジョブ」でマーケティングプランを策定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する