広告マーケティングの専門メディア

社会学の視点

人生ガチャもガチャのうち

遠藤 薫氏(学習院大学)

成功も失敗も楽しいガチャは、モノ消費でなくコト消費

ガチャが好きである。ちっちゃい頃からガチャ好きである。当時、ガチャのマシンは小さくて、おもちゃ屋さんや駄菓子屋さんの店先にちょこんと置かれていた。1回10円。試験が終わったときなど、「自分にご褒美」気分で、友だちとガチャを満喫した(総額百円くらいだが)。景品は、当たりはそれなりに心をそそるグッズだが、出てくるのはほとんど安っぽい消しゴムとかだった。でも当たりがほしかったわけじゃない。レバーを回す感触にワクワクした。

ところが大人になってふと気づいたら、ガチャはいつの間にか一大マーケットに成長していた。数百台のマシンがならぶ専門店も珍しくない。最近だと、池袋西口地下通路のガチャスペースが壮観である。『月刊トイジャーナル』は、2021年のガチャ市場は400億円を超えたと予測している。ガチャスペースの拡大に拍車をかけたのが、コロナ禍である。撤退店舗の跡がガチャスペースになったり、羽田空港でも、みやげ物売り場の一角をガチャが占拠していた。

とはいえ、現在のガチャは、かつての10円ガチャとは大きく様変わりしている。第一に、訴求対象は子どもより大人である。第二に、価格が300~500円と高価格帯になり、その分、景品もよくつくり込まれ、魅力的である。第三に、かつての...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会学の視点 の記事一覧

人生ガチャもガチャのうち(この記事です)
メタバースにようこそ
推し活が「イノベーションの民主化」を駆動する?
YOASOBIにみるネット空間のナラティブと共創
闘うヒロインには、眉がない!?
アテンションエコノミー時代の映画のネタバレと認知効果

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する