広告マーケティングの専門メディア

業界あげて進むDXの取り組み 最新・テレビCMの効果的活用

大量出稿前提から、小規模出稿が可能に CMに新たな商流が生まれている

吉田正寛氏(ビデオリサーチ)

広告主にとってのテレビの価値は今後、どのように変化していくのだろうか。視聴率だけではない、新たなデータやソリューション提供するビデオリサーチの吉田氏に話を聞く。

ビデオリサーチ
ソリューション室
マーケティングソリューション部
シニアエキスパート
吉田正寛氏

メーカー等の広報・宣伝担当部署や広告会社、媒体社の営業担当部署をクライアントに、プランニングや効果測定をコンサルティング。メディアの広告役割の観点から、次期施策を第三者の立場でサポートする。

Q ネットでの同時配信、広告主にはどんな影響がある?

A ネットに親和性のある、若年層へのリーチに期待

放送と異なる素材や視聴者への最適出稿が可能なネット同時配信ですが、広告観点での期待はネット動画に親和性の高い若い世代へのリーチでしょう。当社の生活者データでは、男女とも30才前後を境にネット動画視聴の比重が高まります。動画視聴のデバイス利用が年代で異なる現代において、年代問わず...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界あげて進むDXの取り組み 最新・テレビCMの効果的活用 の記事一覧

テレビとデジタルが混じり合う市場へ 求められる、新たなチャレンジ
「続きはWebで」も昔と変わる? メディアへの同時接触が前提の施策を
「安心感」や「メジャー感」、テレビが持つポジティブなイメージを最大限生かす
テレビとデジタルの特性を掛け合わせることで「デバイス」としての価値は高まっていく
視聴者の態度変容こそが広告効果 『量』から『質』への大きな一歩を踏み出す
テレビの価値はコンテンツ力!注目はデータ連動のプロダクトプレイスメント
広がるテレビ広告のデータ活用 各ステークホルダーの課題とは?
大量出稿前提から、小規模出稿が可能に CMに新たな商流が生まれている(この記事です)
テレビは生活者の興味・欲求を刺激する『発火点』メディア
『タイミング』が波及効果を呼ぶ、企業のCM活用ー2022年正月篇
スマート・アド・セールスが浮き彫りにした、テレビCM枠の『不思議』
日本でもネット同時配信が本格始動 コンテンツ戦略の鍵とは?
若年層がテレビの前に戻ってきた?CTV広告、活用の鍵は「共視聴」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する