広告マーケティングの専門メディア

広告企画

「#キンキ25円でCM出演」 企業と共に日本へ元気を届ける

ジェイ・ストーム

「#キンキ25円でCM出演」同じ時代を生きる企業を応援する

2人組アーティストKinKi Kids(ジャニーズ事務所)は2022年1月1日、「#キンキ25円でCM出演」キャンペーンを開始した。

また、キャンペーンの開始に合わせて、1月1日の読売新聞 全国版朝刊、1月6日の日本経済新聞 全国版朝刊にそれぞれ全15段広告を出稿。1月10日にはJR新宿駅にキャンペーンへの参加を募る広告を掲出した。

本キャンペーンは2022年に迎えるKinKi KidsのCDデビュー25周年を記念して、全国のさまざまな企業のテレビCMに契約料25円(税別)で出演し、全国のファンと企業に感謝を伝えるというもの。1月1日より企業の参加募集受付を特設サイトにて開始した。テレビCMの出稿は必要だが、参加企業の規模、エリア、出稿量は問わない。

KinKi Kidsは今回のキャンペーンについて、「25周年を記念して、25円で全国の企業の皆さんのCMに出演させていただくことになりました。コロナ禍で大変な思いを皆さんがしていると思います。我々も必死に色々なことを考えて、企業の皆さんに支えてもらいながら今日まで活動することができました。内容は違えど、同じ時代、今を一緒に生きているということで、さまざまな企業の応援ができればいいなと。そして、全国にいるファンの方々にCMを通じて25周年のKinKi Kidsを見ていただければいいなと思います」と話している。

油断を許さないコロナ禍 今年は少しでも明るい1年に

キャンペーン始動のきっかけは、ここ数年続いている新型コロナウイルスの感染拡大。日本全体が多大な影響を受け、困難な状況が続いている中、現在の日本を支えている全国の企業と一緒になって笑顔と元気を届け、少しでも明るい1年になってほしいという想いから実施に至った。

また、テレビCMにはKinKi Kidsが本キャンペーンのために書き下ろす新曲を使用。新曲はKinKi Kidsの合作、キャンペーンに相応しい楽曲とするべく現在制作中だという。

「ファンの皆さんを中心に、本当にたくさんの方々に支えられて25周年イヤーに突入しました。コロナ禍でこの先どうなっていくのか誰も分からない状況ではありますが、変わらず皆さんと寄り添いあいながら素敵な時間を過ごせたらいいなと思っています。まだまだ油断してはいけない世の中ですがそれを乗り越えて、ファンの皆さん、全国の企業の皆さんと、日本をもっと元気に盛り上げていければと思っておりますので、大小、業種問わずご応募お待ちしています!」(KinKi Kids)。

コメントを収録したメッセージ動画はキャンペーン特設サイトにも掲載。誰でも閲覧が可能になっている。

INFORMATION

「#キンキ25円でCM出演」キャンペーン 概要

[応募期間]2022年1月1日(土)0:00~2022年3月9日(水)23:59

[応募資格]本キャンペーンの当選後、制作する映像を地上波テレビCMとして出稿可能な企業

*エリア、出稿量は問いません

[応募方法]応募規約にご同意いただき、下記特設サイトのフォームよりご応募ください。特設サイト:https://www.kinkikids25y.jp

    ※抽選・選考ののち、契約料25円(税別)でKinKi KidsがテレビCMに出演いたします。

    *契約料にはテレビCM出演料、音楽の使用料(音源使用料および放送に関する著作権使用料)が含まれます。
    *テレビCM製作費、広告出稿費用については応募企業ご負担となります。
    *CMのBGMは、今回のキャンペーン用にKinKi Kidsが書き下ろした楽曲の使用を条件とさせて頂きます。
    *露出可能時期は2022年7月21日~ 2023年3月31日の間となります。
    *撮影は6月もしくは7月、都内での実施を予定しております。
    ※そのほかの注意事項は特設サイトをご確認ください。

広告企画 の記事一覧

「肩書はエンジニアでもずっとデザインをしてきた」CDOを動かす好奇心
サザエさん視聴データで見る共視聴の効果 CMと「お茶の間」の関係性
「#キンキ25円でCM出演」 企業と共に日本へ元気を届ける(この記事です)
スマホ片手に番組参加する習慣をつくりたい 『C×M』を活用した価値創出とは
進化を続ける「Telescope」メディアバイイングのシミュレーション機能を追加
運用型テレビCMにベストマッチ 「課題解決型クリエイティブ」で成果を最大化
新たな広告主を開拓する 『100万円』から出稿できるテレビCM
Z世代の動画による態度変容 「テレビ」と「スマホ」の広告価値を比較する
2022年は『テレデジ元年』 急拡大するCTV市場にどう挑む?
トレジャーデータ初のテレビCM いま、「ノバセル」を選んだ理由とは?
約46万人の『テレビとつながる』購買データで最適なメディアプランを考える
社会の共通認識をつくる「テレビ」の力 データが出揃った先の、次なる一歩
テレビ広告の新たな活用法を開拓したい『AaaS』構想から1年の進化
「マーケティングの全体最適」 その実現に求められるものとは?
「心底やりたいこと」ができる会社を選べば人生が楽しくなる
企業と顧客のコミュニケーションの課題を解決 驚きがあふれる世界をつくるWOW WORLD
OOH広告の新トレンド「トリプルスクリーン」を実現するLIVE BOARDの挑戦
クロスメディアにジェンダーレス 「シームレス」な体験を提供する集英社の構想
コトバDMP×小学館IDによるメディア力を活かしたソリューション展開
ポストクッキー時代のマーケティング 成功の鍵は「インハウス化」にあり
悩み抜いた結果の選択肢はどれも『当たり』だった
TikTokの『バズ』と『売り』、どう両立すべき?
ポストクッキー時代のデータ取得は、SNSキャンペーンが有効?
ファンづくりの進み具合を数値化!BOKURAが開発した独自指標

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する