広告マーケティングの専門メディア

雑誌メディアのコミュニティ力を生かす

海外ハイブランド×漫画IPで広がる可能性 出版メディアに求められる本質とは?

田邊 泰氏(集英社)

大ヒットの『鬼滅の刃』『呪術廻戦』をはじめ、さまざまな企業とのコラボレーションを実現している作品を多数持つ集英社が考える、企業がIP活用に求めるものとは?出版メディアの本質的な価値について、広告部 部長の田邊泰氏に聞いた。

拡大する出版社の競合 鍵となる濃いコミュニティの証明

2021年は引き続き各業界に新型コロナの影響があり、多くの美容誌、ファッション誌を抱える当社とかかわりの深い、アパレル業界なども打撃を受けました。この状況下で各業界のDXが進み、我々出版業界においてもオンラインメディアの活用が加速。出版社が持つ広告の概念にも、新たなものが生まれています。

このような状況下で私が感じたのは、広告主企業と出版社の新しい関係です。昨今、漫画コンテンツについて世界的ハイブランドから、IPコラボレーションのオファーをいただく機会が増えています。

『少年ジャンプ+』で連載中の『SPY×FAMILY』はDiorとコラボ。作者により、Diorの2021年春夏コレクションに身を包んだ登場キャラクターが描かれたほか、そのイラストを実際にモデルのCocomiさんが再現し、その様子を『SPUR』に掲載しました。

また、人気コミック『約束のネバーランド』を手掛けた白井カイウさん、出水ぽすかさんとCHANELのコラボも...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

雑誌メディアのコミュニティ力を生かす の記事一覧

いまこそ「出版広告の再発明」のとき 顧客基点のソリューションへ
海外ハイブランド×漫画IPで広がる可能性 出版メディアに求められる本質とは?(この記事です)
良質なオーディエンスが情報をつなぐ雑誌の魅力的なアドエクスペリエンス
いま、広告主は「雑誌」に何を期待するのか?シチズン時計のメディアプランニング
電通「日本の広告費」にみる マス四媒体由来デジタル広告費の動向
業界団体に聞く、雑誌広告の効果可視化に向けた構想とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する