広告マーケティングの専門メディア

私の広告観

野球の魅力を広める切り口を増やしたい 斎藤佑樹氏の広告観

斎藤佑樹

今季限りでプロ野球選手を引退した斎藤佑樹氏。学生時代からメディアとの接点を多く持ってきた斎藤氏は、メディアや発信することについてどう考えるのか。今後の挑戦についても話を聞いた。

斎藤佑樹(さいとう・ゆうき)さん
1988年生まれ。群馬県太田市出身。小学生から野球をはじめ、早稲田実業学校高等部3年生時には、第88回全国高等学校野球選手権大会(2006年)に投手として出場。夏の甲子園の1大会で過去2番目に多い78奪三振を記録しチームを優勝へと導く。早稲田大学野球部では第100代主将に就任。2010年に北海道日本ハムファイターズに入団。2021年10月1日に現役引退を表明。10月17日に本拠地、札幌ドームのオリックス・バファローズ戦で引退セレモニーが執り行われた。

支えとなった恩師の“言葉” 「その姿を見せ続ける使命がある」

北海道日本ハムファイターズ(以下、ファイターズ)で11年間活動した斎藤佑樹氏が、今季をもってプロ野球選手を引退した。

10月17日に開催されたファイターズの本拠地、札幌ドームでのオリックス・バファローズとの対戦に引退試合として登板。試合後には引退セレモニーも行われ、多くの仲間とファンに見送られて現役生活に幕を閉じた。

斎藤氏は、2006年に行われた第88回全国高等学校野球選手権大会にて、早稲田実業学校高等部のエースとしてチームを牽引。優勝へと導いた。また、試合中にハンカチで汗を拭う姿から「ハンカチ王子」の愛称で親しまれ、流行語大賞トップ10にもノミネートされるほどの話題となった。

そんな斎藤氏は、長くアスリートとして活動する中で、“言葉”に支えられるシーンも多かったと話す。

「特に、栗山監督(前・北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹氏)の言葉には、いつも支えられてきました」と斎藤氏。

その言葉とは、「泥だらけになって、がむしゃらになって。最後まで。その姿を見せ続ける使命が佑樹にはある。今はつらいかもしれないけれど、頑張りなさい」というもの。

「プロとして活動した11年間、何度もこの言葉をかけていただき、結果が出なくてつらい時や、マウンド上などで思い出してパワーをもらっていました。引退試合で投げ終わり、ベンチに戻った際に、『これが、佑樹が見せ続けた姿だよ』と言っていただいた時は、感動で涙が出ましたね」と話す。

引退を決意し、現役生活を終えた今、接してきた言葉たちを振り返り、改めて言葉の重要性を強く感じているという。

Instagramを開始 現在の自分ならではの発信を

2014年に斎藤氏は...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私の広告観の記事一覧

私の広告観の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する