広告マーケティングの専門メディア

企業の人格を伝える! SNSを活用したマーケティング

SNS発信を『若い社員』に任せるのは間違いかもしれません

宍戸崇裕氏(BOKURA)

企業と顧客とのコミュニケーションに欠かせないSNS。その運用担当者に任されることが多いのが企業の若手社員だ。では、若者がSNS運用に向いているというのは本当なのか。BOKURAの代表取締役、宍戸崇裕氏に話を聞いた。

SNS発信の向き不向きは年代とは関係しない

SNSユーザーの特徴を考えるとき、若年層はたくさんの種類のSNSを利用し、どのツールにおいても頻度高く発信している。一方で年齢層の高い人たちはSNSが苦手だ、というような所感を持つ方が多いかもしれません。

しかし、SNSを用いたファンづくりを支援してきた私が感じるのは、SNS発信の向き不向きは、年代に依存しないということです。

昨今のSNS一般ユーザーを見ていると、①頻度高く発信する人、②閲覧のみする人、③頑なにやらない人、の3パターンに分類できると思っています。つまり、若いからSNSをたくさん使っているわけではないし、年齢層が高いからしない、というわけでもない。若くてもSNSをあまり使わない人は一定数いるのです。

企業のSNS担当者の特徴 空気を読める人が向いている

例えば、カスタマーサポートの担当をSNS運用担当者にしたらうまくいきはじめた、という話をよく聞きます。つまりSNS運用は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の人格を伝える! SNSを活用したマーケティング の記事一覧

「TikTok=若者のツール」という認識は、時代遅れです
今後、最も注力すべきSNSプラットフォームはLINE?
SNS発信を『若い社員』に任せるのは間違いかもしれません(この記事です)
マーケターが知っておくべき若年層の傾向 必要な情報は「探す」のではなく「止める」
『中の人』歴10年以上のベテランが語る 提供可能な最大の顧客体験は「友達関係」
SNSマーケティング概論 PESOモデルから読み解く『シェア』の重要性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する