広告マーケティングの専門メディア

企業の人格を伝える! SNSを活用したマーケティング

『中の人』歴10年以上のベテランが語る 提供可能な最大の顧客体験は「友達関係」

本田浩一氏(東急ハンズ)

顧客とのコミュニケーションツールとして欠かせない存在となったSNS。企業の言葉をダイレクトに伝えることが可能になった分、これまでの企業と顧客との関係性もグッと近いものになった。では企業と顧客との接点において、いまSNSが提供できる体験価値とは何なのだろうか。約10年にわたり、Twitterの“中の人”を担当する東急ハンズの本田浩一氏に話を聞いた。

東急ハンズ 公式Twitterアカウント 基礎情報


☑アカウント開設:2009年7月

☑フォロワー数:約18万9000人(11月11日時点)

☑運用担当者(中の人):3人(兄、妹、デシが運用中)

SNSは革命的なツール 黎明期を経験した東急ハンズ

SNSは今や、日常生活を送るうえで欠かせないコミュニケーションツール。個人だけではなく、企業・ブランドなど、法人がアカウントを開設し、運用するケースも当たり前になってきた。

SNSの特長は何と言っても、顧客とダイレクト、かつインタラクティブなコミュニケーションをとることができる点。企業が顧客とコミュニケーションをとる手段としてはとても便利だが、その上で運用担当者(中の人)が意識しておきたいのが、SNSで提供可能な「顧客体験」の価値だ。

「SNSは革命的なツールです。それまでは、企業と顧客が双方向的に、そして気軽にコミュニケーションをとる方法はありませんでした」。こう話すのは、東急ハンズの公式Twitterの“中の人”、本田浩一氏だ。

同社は、米国発のTwitterが日本版のサービスを開始した翌年の2009年にアカウントを開設。日本におけるTwitterの黎明期から存在感を示してきた“老舗”アカウントのひとつだ。

本田氏はアカウント開設当時から11年経った現在も“中の人”としてTwitterを運用している。

“商売の匂い”がするツイートは顧客体験の価値を低下させる

それから約10年が経過し、サービスを提供するプラットフォーム数も増加した今、SNSに対する生活者の意識が変化したことは明らかだ。

しかし、企業の公式Twitterが担う、“共感を醸成する”という役割は変わらないと本田氏は話す。

SNS登場前までのコーポレートコミュニケーションは、リリースの配信など一方通行のものが主流。発信すれば顧客から返信がくる、という双方向のコミュニケーションが実現したことで、企業は顧客と同じ目線で...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の人格を伝える! SNSを活用したマーケティング の記事一覧

「TikTok=若者のツール」という認識は、時代遅れです
今後、最も注力すべきSNSプラットフォームはLINE?
SNS発信を『若い社員』に任せるのは間違いかもしれません
マーケターが知っておくべき若年層の傾向 必要な情報は「探す」のではなく「止める」
『中の人』歴10年以上のベテランが語る 提供可能な最大の顧客体験は「友達関係」(この記事です)
SNSマーケティング概論 PESOモデルから読み解く『シェア』の重要性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する