広告マーケティングの専門メディア

           

MARKETING DATA

Z世代の洋服購入事情 87.1%がショッピングモールを利用

Z総研トレンド通信は、12歳から25歳までの「Z総研が抱えるリアルZ世代コミュニティ」所属の女性233人を対象に「ファッション事情」に関するアンケートを実施した。調査の結果、87.1%がショッピングモールで洋服を購入していることが明らかとなった。また、ひと月に洋服にかける金額は3001~5000円が最多だった。

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

乾燥に悩む人は98.5% 男女ともに最も気になるのは「顔」
焼肉店、約7割が「家族」での利用 うち4割が子どものいる世帯
CSR課題の意識、日常では4割 旅行先では7割超という結果に
Z世代の洋服購入事情 87.1%がショッピングモールを利用(この記事です)
本の読みづらさを感じるシニア世代が8割超
男性の家事意識に関する調査 53.7%が「料理が好き」と回答
フードロス問題98%が「認知」「継続できていない」も多数
おもちゃの処分方法「捨てた」が6割超という結果に
洋服購入の重視ポイント 1位は「価格」に
1日のうち9割がテレビを視聴 インターネット動画視聴は7割
企業の動画広告視聴時間「5秒まで」が最多
インフォマティブデータで最も意識するのは「位置情報」
4人に1人がフードデリバリーや食品宅配サービスを利用
ワクチンを接種しても「旅行に行けないと思う」24.1%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する