広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「さぁ、顔をあげてゆけ。」スキンケアですべての男性に自信を

バルクオム「FACE UP」キャンペーン

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME(バルクオム)」は10月25日、新広告キャンペーン「FACE UP」を開始した。

世界中の男性の肌へ スキンケアで価値を届ける

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME(バルクオム)」を展開するバルクオムは10月25日、新広告キャンペーン「FACE UP」を開始した。

これに併せ、木村拓哉さんを起用した新テレビCM「さぁ、顔をあげてゆけ」篇のオンエアを関東地区にてスタート。また同時に、ブランドサイトのリニューアルも実施した。新サイトでは、新テレビCMの撮影の様子を収めたメイキング映像も閲覧できる。

バルクオムは、これまでもメンズスキンケアのベーシックを追求し、世界中の男性の肌へ新しい価値を届けてきた。同キャンペーンは、“変化の多い時代に、すべての男性が自分らしい自信を持つことで、顔を上げて(FACE UPして)過ごしてほしい”という想いが込められたもの。

「自信があるから目線が上がる、いまこそ自分らしい進化を」というメッセージを、映像やグラフィックビジュアルで表現している。

特設サイトは自動で画面が切り替わる仕掛け。コピーがダイレクトに目に入るような仕掛けになっている。

なりたい自分になるための手段が バルクオムであってほしい

ここ数年で進む価値観の多様化や、コロナウイルスの感染拡大の影響により、生活者を取り巻く環境は大きく変化している。

そんな社会の中でも自分らしさを表現している人たちに共通するのは「顔が上を向いている」ことだ、と同社の吉原大道氏は話す。吉原氏はBrand Experience Business UnitでCreative Directorとして活躍する同施策の担当者だ。

「なりたい自分になる自信を得て、顔を上げる(FACE UPする)ためのひとつの手段として、BULK HOMMEを使ったスキンケアを想起してほしいと思い、当キャンペーンを実施しました」(吉原氏)。

ターゲットは、身だしなみに対してポジティブな行動を取っている18〜49歳の男性。特に、自分磨きのプロセスも楽しみながら結果を出したいと考える...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する