広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

環境激変下で生き残るには? 利益率を高めた85の事例を紹介

山田英夫

競争しない競争戦略 改訂版
●著者/山田英夫
●発行所/日経BP 日本経済新聞出版本部
●価格/2200円(税込)

競争戦略とは、「企業が競争市場内において全体的姿勢を明確にし、最大の投資リターンを目指して競争優位な地位に経営資源を投入し、展開する方法と方向の決定」(嶋口 1986)と定義される。産業組織論では、競争がないと企業は「儲けすぎ」となり、それは望ましくないといわれるが、競争戦略の祖であるマイケル・ポーターは、その考え方を逆手にとった。どうすれば企業は高い収益性を得られるのかを示した『競争の戦略』(1980)のフレームワークは、今日でも活用されている。

多くの企業が同じ分野に参入し、レッド・オーシャン化が起こるとどうなるか。必要以上な価格競争は利益率の低下を生み、組織は疲弊し続けていく。本書「競争しない競争戦略」では、いかにして競争せず、自社の独自性を貫くか。リーダー企業と競争しない戦略を、『ニッチ戦略』『不協和戦略』『協調戦略』の3つに分け、85社の企業事例を交え解説する。

著者は、競争戦略論を専門とする早稲田大学ビジネススクールの山田英夫教授。2015年出版の初版本から掲載事例を半数以上差し替え、内容もアップデートした本書。新型コロナウイルス感染症の影響はもとより、DXなどの技術の変化や...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

環境激変下で生き残るには? 利益率を高めた85の事例を紹介(この記事です)
ストーリーと実例でサービスマーケティングを楽しく学ぶ
『推し活』で生まれる知の営みを、フィールドワークで探る
ESG投資の潮流と新指標を示し、企業の価値創出につなげる
「良いデジタル化 悪いデジタル化」閉鎖的な日本型組織が阻む変革
ソーシャルディスタンスの時代にソーシャルメディアはどう変わる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する