広告マーケティングの専門メディア

マーケティングPRの最前線

『評判形成』が経営の根幹となる時代 PRは企業の全部門にかかわるものに?

太田 滋氏(ビルコム)

以前は広報部門の領域と考えられていたPR領域。なぜ、マーケティング部をはじめとする多くの部門が、PRの力を求めているのか。長くPR領域に携わる、ビルコム代表取締役の太田滋氏が解説する。

社内縦割りのPR構造を打破 統合したプランニングが必要に

マーケティング部門が広告だけでなく、PRも活用する環境になってきた背景には、商品のスペックだけで競合他社との差別化を図ることが難しくなったコモディティ化があります。これまでにない付加価値をつくることで、既存のカテゴリーとは異なる軸で新たな市場をつくることにマーケターの関心が移ってきたといえるでしょう。

また、私は第三者による“評判”が消費行動に与える影響が大きくなった点も、マーケティングにPRが活用される理由として挙げられると考えています。具体的に第三者の評判とは、報道の記事や口コミの創出などが該当します。広告に関しても、口コミや話題化を狙っての出稿が増加しています。

SDGsに対する関心が高まっているように、ブランド選択の理由に、製品の情報だけでなく企業の社会貢献活動や思想への共感といった、コーポレートに対する“評判”がかかわってくるようになったことも、理由のひとつでしょう。

広告だけで完結するマーケティング...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケティングPRの最前線 の記事一覧

『評判形成』が経営の根幹となる時代 PRは企業の全部門にかかわるものに?(この記事です)
日本企業に真のマーケティングはなかった?「人」へ届け、行動を喚起するPR戦略
コロナ禍での適切な情報発信で露出を実現 ダイキン工業のブランド戦略
メディア露出の文脈まで意識 多数のロングセラーを持つカルビーのPR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する