広告マーケティングの専門メディア

話題の起点をつくる 新聞広告の活用法

時事性を生かす!話題になったオリ・パラ新聞広告

アシックスジャパン他

掲載のタイミングを捉え、新聞広告で閉じない設計を

新聞広告の特性のひとつに、高い時事性が挙げられる。ここでは、今夏開催された東京オリンピック・パラリンピック大会と連動したクリエイティブを紹介する。

アシックスジャパン「あの人から、舞台に立つ君へ。」では、恩師や同級生・チームメイトから石川佳純選手(右写真)、桐生祥秀選手、前田穂南選手に向けた“手紙”を、それぞれ山口新聞、京都新聞、神戸新聞に掲載した。同社マーケティング統括部(当時)の堤下大輔氏は、「プロダクトで支えるだけでなく、無観客でプレーする選手に対してエールを送り、寄り添っていきたいと思い企画しました」と話す。

「掲載タイミングのモーメントを捉え、新聞広告で閉じないコミュニケーション設計を行うことで、丁寧にストーリーを伝えつつ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題の起点をつくる 新聞広告の活用法 の記事一覧

時事性を生かす!話題になったオリ・パラ新聞広告(この記事です)
SNS時代に価値を高める新聞広告の存在 「拡散」につながる4パターン
近未来にあるべき姿を一貫して発信 新聞の枠に留まらない「場」を提供
社会課題がフォーカスされた2021年 国内の新聞広告活用のトレンドとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する