広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

『推し活』で生まれる知の営みを、フィールドワークで探る

岡部大介氏

越境する認知科学8
ファンカルチャーのデザイン
彼女らはいかに学び、創り、「推す」のか

●著者/岡部大介
●発行所/共立出版
●価格/3080円(税込)

「イチ推しのメンバー=推しメン」という意味で、2000年代にアイドルファンの間で生まれた『推し』という言葉。転じて「誰かに勧めたいほど好きな人や物」を指すようになり、現在では若年層を中心に広く認知されるようになった。複数の調査によると、いわゆる「推し活」の多くは、インターネットでの情報収集やグッズの購入、ライブなどのイベント参加などが占める。同時にコロナ禍では家の中でできる応援行為として、グラスやゴーグル、ネイルなどに「推し」の名前やモチーフを刻みSNSに投稿するような創作活動も活発化しているという。

本書『ファンカルチャーのデザイン』では、そうした文化が表層化する以前より脈々と、少しずつ形を変えながらも「ハマり」「創る」ことに身を置いてきた、“腐女子”や“コスプレイヤー”に焦点を当てる。著者は、20年にわたり認知科学の領域でフィールドワークを行ってきた岡部大介氏。同人誌即売会やコスプレイベントなどに参加する彼女ら(あるいは彼ら)の「環世界」を対象とし、ファンカルチャーの「知の営み」に迫る。

「環世界(Umwelt)」とは、「この世界がひとつではなく、いろいろな動物において多層的である」という概念だ。唯一無二の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

『推し活』で生まれる知の営みを、フィールドワークで探る(この記事です)
ESG投資の潮流と新指標を示し、企業の価値創出につなげる
「良いデジタル化 悪いデジタル化」閉鎖的な日本型組織が阻む変革
ソーシャルディスタンスの時代にソーシャルメディアはどう変わる?
社会課題を自分ゴト化し、行動変容を促す「ソーシャルマーケティング」の有用性
ビッグデータやAIでは生み出せない、人間のクリエイティブな発想力とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する