広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

東京オリ・パラ、ついに終結 ライブ配信視聴数が大幅に伸長

明石庸司

前回のリオ五輪と比較 動画再生数は2.7倍に

コロナ禍で行われた東京2020オリンピック・パラリンピック。東京を中心に緊急事態宣言が発令されている中、開催の直前に無観客で実施が決まり、観戦はテレビとネット配信に限られた。民放連とNHKはそれぞれネット配信の結果を公表し、いずれもライブ配信の視聴が大幅に伸びたことがわかった。

民放連は9月9日、民放オリンピック公式サイト「gorin.jp」および公式テレビポータル「TVer」の東京オリンピックの配信結果を公表。日本選手の活躍と自国開催でありながら、ほとんどの競技が無観客で行われたことも影響してか、過去最大のアクセス数および動画再生数を記録した。

計測期間は、オリンピックの競技が開始された7月21日から閉会式の8月8日までの19日間。

gorin.jpのアクセス数(PV)は、1億9150万PVと、これまで最もアクセス数の多かった2018年ピョンチャン大会(5850万PV)の3.2倍以上を記録した。動画再生数はライブストリーミングとVODの合計で同約2.2倍の7400万ストリームを記録。また、前回夏季の2016年リオデジャネイロ大会に比べて、アクセス数は3.4倍、動画再生数は2.7倍に達した。

大会期間中、最も視聴されたライブ配信は、「サッカー男子 準決勝 日本vsスペイン」(8月3日20時)の172万ストリーム。一方、ハイライト動画(VOD)では「新競技で快挙!堀米雄斗が圧巻の滑りで金メダルを獲得!スケートボード男子ストリート」が48万ストリームと最も視聴された。

VODよりライブ視聴 これまでとは逆転の現象が発生

gorin.jpはオリンピック期間中、民放テレビ地上波で生中継を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

英国のアドパーソンに 「残業の概念はない」
4マス最速で着手したデジタル送稿 なぜ、雑誌広告のデジタル化は遅れるのか
沖縄タイムス、死亡広告に故人の顔写真を掲載へ
東京オリ・パラ、ついに終結 ライブ配信視聴数が大幅に伸長(この記事です)
豪州のアドパーソンの今を聞く 現地からみた日本の業界イメージとは?
「雑誌広告」の成長に必要なこと 出版業界・広告業界の競合環境を超えた「共創」
「読む」だけで終わらない新聞のあり方 情報発信の形が多彩に
東京オリンピック17日間の激戦 新たな広告手法の導入も注目の的に
グローバルアドパーソンに聞く! 日本と欧米、広告ビジネスモデルの違いとは?
読者は雑誌をいつ読んでいるのか? 調査結果で示す「コンテンツ力」
社員が記事を読み上げ、ニュース解説? 新聞社が注目する音声配信事業とは
東京五輪をとりまくテレビ業界、地上波での総放送時間は約1200時間に
貪欲な姿勢が見られない!? 日本のアドパーソン
未来の雑誌広告に向けた準備 本誌と電子雑誌は共存できるのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する