広告マーケティングの専門メディア

業界別マーケティング課題 最先端の解決事例

コロナ禍の真っただ中で飲食店を開店 関係を育む『非来店時コミュニケーション』

ムゲン食堂

コロナ禍の最中、京都河原町にオープンした「ムゲン食堂」はLINEを用いた顧客コミュニケーションに注力している。実店舗への来店促進が難しい今、飲食店はどのように顧客と関わるべきなのか。18歳から外食産業にかかわり、現在、飲食店経営のGlidgeで代表取締役を務める谷村昌樹氏に話を聞いた。

モバイルオーダーで獲得した顧客へ向け、積極的に情報を発信している。

    飲食業界の課題

    ●顧客との直接接点の大幅な減少

    ●店内においても、顧客との接触機会を減らさざるを得ない

    課題を解決するアイデア

    ●店舗以外での“非来店時のコミュニケーション”を強化

    ●お客さまのスマホとお店がつながる「コミュニケーション」の方法を実践

顧客情報の蓄積・活用で“飲食店のデジタル化”を目指す

既存店は顧客との関係維持が課題だが、開店したばかりの店舗にとっては新規顧客の獲得から大きな課題を抱えてしまう。

京都河原町の一等地に店を構える「ムゲン食堂」は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界別マーケティング課題 最先端の解決事例の記事一覧

業界別マーケティング課題 最先端の解決事例の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する