広告マーケティングの専門メディア

「クリエイティブ」パートナーの選び方

KADOKAWAから事業移管を受け4年、ムービーウォーカーの新・ブランド戦略

成田 信氏、下田桃子氏(ムービーウォーカー)

ムービーウォーカーはブランドの体験として一貫性がないことに課題を感じていた。そこで外部パートナーが提供する「顧客にとって自分たちが提供すべき価値」を定義するワークショップを開催。そこで得た土台が社内外のクリエイティビティに生かされている。

多様な事業にブランドの統一感を 顧客を探るワークショップを実施

映画関連のメディア運営やチケッティング、代理店事業を行う企業として2011年に設立されたムービーウォーカーは、電子チケットサービス「ムビチケ」、映画メディアサイト「MOVIE WALKER PRESS」、劇場内フリーペーパー「月刊シネコンウォーカー」など、多様な事業を展開している。

しかし、多様なサービス展開という特性を持つからこそ、各サービスブランドの横の連携が薄く、顧客から見た際のブランドの体験として一貫性がないという課題が。各ブランドを連携させる必要性が社内で急務となっていた。

このような状況の中、広告会社で多くの広告プロモーションの経験を持つ成田信氏が同社にジョイン。成田氏の知見も生かしながら、ブランドに統一感を持たせるためのロゴやブランド名の変更などを通して、ブランディングという視点でサービスを整理すると共に、老朽化していたWebサイト「MOVIE WALKER PRESS」の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「クリエイティブ」パートナーの選び方 の記事一覧

目標はファン以外も支持するブランド ゆうこす「本気」のスキンケアブランド
KADOKAWAから事業移管を受け4年、ムービーウォーカーの新・ブランド戦略(この記事です)
デザインの背後にある、コンセプトが鍵 創業100年の老舗米菓店がリブランディング
社長を筆頭に50名全員でホテル立ち上げ 空間とサービスを融合した体験デザイン
創業100年、世界で「meiji=健康」の個性を根付かせる新スローガン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する