広告マーケティングの専門メディア

「クリエイティブ」パートナーの選び方

目標はファン以外も支持するブランド ゆうこす「本気」のスキンケアブランド

菅本裕子氏(KOS)

インフルエンサーとして活躍する「ゆうこす」が、オーガニックやサステナビリティをブランド理念とするスキンケアブランドを立ち上げ、ファンに留まらないユーザーを増やしている。インフルエンサーとしての力に頼らない、“本気”のリブランディング戦略に迫った。

“ゆうこす”色をあえて消すことで自発的・持続的なブランドを目指す

インフルエンサーであり起業家の「ゆうこす」こと菅本裕子氏は、今年2月に自身がプロデュースするスキンケアブランド「YOAN(ユアン)」をローンチ。マッシュビューティーラボが運営するBiople by CosmeKitchenの全国21店舗で販売し、支持を集めている。

菅本氏は、過去に「youange(ユアンジュ)」というスキンケアブランドを展開していた。しかしその際はターゲットを“ゆうこすファン”としていたことから、徐々にファングッズと同様の存在となり、ファンではない人に届きづらいブランドになってしまったという。そこで、新たに手掛けたのが「YOAN」。約3年かけて独自成分の「BIO-Quintet」を開発し、ローンチにこぎつけたという渾身のブランドだ。

ブランディングにおいては、ゆうこすカラーを極力排除することを意識。そこで例えばSNSでは菅本氏のアカウントから「YOAN」のアカウントには遷移できるが、逆の動線はあえて...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「クリエイティブ」パートナーの選び方 の記事一覧

目標はファン以外も支持するブランド ゆうこす「本気」のスキンケアブランド(この記事です)
KADOKAWAから事業移管を受け4年、ムービーウォーカーの新・ブランド戦略
デザインの背後にある、コンセプトが鍵 創業100年の老舗米菓店がリブランディング
社長を筆頭に50名全員でホテル立ち上げ 空間とサービスを融合した体験デザイン
創業100年、世界で「meiji=健康」の個性を根付かせる新スローガン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する