広告マーケティングの専門メディア

「クリエイティブ」パートナーの選び方

デザインの背後にある、コンセプトが鍵 創業100年の老舗米菓店がリブランディング

山田 宗氏(中央軒煎餅)

100周年を目前にリブランディングを実施した老舗の米菓メーカー「中央軒煎餅」が、6月に「渋谷 東急フードショー」へ新規出店し、話題になっている。同社代表取締役社長の山田宗氏に、リブランディングの背景やリブランディング成功のためのパートナー選びについて聞いた。

日本画家、栗原由子氏による手描きイラストを採用したパッケージ。

言語化されたコンセプトをもとに日本画家とのコラボパッケージも

1923年に創業し、2023年に100周年を迎える中央軒煎餅。2018年には国産玄米100%のおかきブランド「きりのさか」で30~40代の女性向けにリブランディングを、続いて同社の中心ブランドである「中央軒煎餅」でもリブランディングを実施。そして6月1日には“これからの中央軒煎餅”を象徴する店舗として、東京・渋谷にある「渋谷 東急フードショー」にて新店舗をオープンした。

「リブランディングを考えるようになったきっかけは、パッケージデザインや店舗デザインなど、目に見えるところに課題感があったこと」と代表取締役社長の山田宗氏は話す。

商品の味・品質には絶対の自信をもっていたものの、デザインの工夫により、さらに多くの人に魅力を伝えられるのではないかと思索。また、百貨店や...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「クリエイティブ」パートナーの選び方 の記事一覧

目標はファン以外も支持するブランド ゆうこす「本気」のスキンケアブランド
KADOKAWAから事業移管を受け4年、ムービーウォーカーの新・ブランド戦略
デザインの背後にある、コンセプトが鍵 創業100年の老舗米菓店がリブランディング(この記事です)
社長を筆頭に50名全員でホテル立ち上げ 空間とサービスを融合した体験デザイン
創業100年、世界で「meiji=健康」の個性を根付かせる新スローガン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する