広告マーケティングの専門メディア

広告企画

まずは『価値の礎』を明確化 セゾン情報システムズ×バニスターのブランド戦略

バニスター

バニスターは、業種・業界を問わず幅広い企業をブランド戦略専門会社として支援している。今回は、データマネジメント分野で製品・サービスを展開するセゾン情報システムズに、バニスターと構築した事業ブランドプロジェクトについて聞いた。

(左)
セゾン情報システムズ
マーケティング部
ブランドマネージャー
横井聖子氏


(右)
バニスター
代表取締役
ブランディングディレクター
細谷正人氏

本質的な課題を分析し継続的な活動の礎をつくる

──データマネジメント分野で長い歴史をもつセゾン情報システムズですが、ブランド戦略に課題があったと聞きます。

横井:当社は2020年に創立50周年を迎えたデータエンジニアリングカンパニー。ファイル・データ連携の「HULFT」「DataSpider」などの製品は約30年前から提供を開始しています。一方で、今年度も次世代クラウド型のデータプラットフォームの展開を予定しているなど、時代にあわせた新サービスも絶えず提供しています。しかし「HULFT」がロングセラーブランドであるがゆえに、製品にレガシーというイメージがついている状態でした。

時代にあわせた新技術を用いたサービスを次々と世に送り出しているにもかかわらず、実際にはその実態が正確に伝わっていなかったのです。その原因を考えると製品のスペックや機能的な価値ばかりに目を向け、もう一方の情緒的価値について深く考えられていなかったのではないか、ということに気づきました。この課題を解決するため、ブランド戦略構築のパートナーとして定評のあったバニスターさんに相談をしました。

細谷:ブランド戦略を支援する当社が、常に大切にしているのは「ブランドのお客さまに対して提供する価値とは何か」を明確にすること。今回課題をうかがったとき、私が感じたのは、ブランドが提供するべき価値がしっかりと定義されていないことでした。その結果、製品やサービスのブランドイメージ、ブランド認知、社内外でのブランド理解などに問題が生じていると分析しました。

──どのようなプロセスで「提供価値」を定めていったのでしょうか。

横井:プロジェクトが始まった初期の段階では、「提供価値」をひとつに定めることに多少の不安がありました。古くから親しまれて、多少堅いイメージのある「HULFT」と、さまざまなデータと繋がり柔軟なイメージの「DataSpider」との間にブランドイメージのギャップがあると考えていたからです。

細谷:しかし、その不安もプロジェクトメンバーとの議論の中で徐々に解消されていきましたよね。

横井:そうですね。議論の中でチームメンバーの考えをまとめるのに時間がかかってしまうこともありましたが、バニスターさんは、客観的に意見を聞き、議論の中で生まれた課題を整理してくれました。私たちがこれまでに考えたことのなかった「HULFT」と「DataSpider」の提供する価値の共通点に気づかされたときは感動しました。製品やサービスの増加で複雑化していた製品のポジショニングが整理され、新たな「提供価値」を創出できたのは嬉しかったです。

──「提供価値」の決定はブランディングのスタート。その後の継続的な運用が重要なのですよね。

横井:バニスターさんは表面的なノウハウだけではなく、当社の目標に耳を傾け、達成するためにどうすればいいのかというKPI設定までもサポートしてくれました。ともに歩幅をあわせてプロジェクトを進めてくれる姿勢こそ、バニスターさんを選んだ大きな理由。最初の段階で私たちの課題の根本にまで、しっかりと向き合って分析してくれたので、最終的に社内でも意識を共有できました。「提供価値」を中心にしたブランド価値を定義したことで、ひとつの旗印のもと、ブランド活動を継続していける土壌がつくれました。

細谷:当社はブランド戦略を設計する際、クライアントの皆さんとタスクを明確化します。きめ細かくタスクを可視化していくことでプロジェクトメンバーの皆さんと意思を揃え、ブランドの伝道師として社内外でブランド啓発に向けて活躍していただくことができます。「提供価値」の徹底した共有化はブランド価値を高め続けるための原動力です。

──プロジェクトの終了後も、「提供価値」の実行をクリエイティブでも継続しているとお聞きしました。

横井:「提供価値」を着実に実行していくために、体系を整理し、新たにタグラインやブランドロゴ、サブグラフィックエレメント、ブランドステートメント、ブランドガイドラインを作成しました。ブランドガイドラインでは、ルールや体系が徹底管理できたことで、常に一貫したブランド価値の訴求が可能になりました。そして、新たに作成したコンテンツが『HULFT FUTURE STORY』。機能的価値だけではなく、パーパスも伝えることで情緒的価値も訴求することができるようになりました。

もちろん、機能面で製品を選んでいただきたいですが、新たに良い機能の製品が誕生すれば乗り換えが起こるのがこの業界。長く支持され続けるブランドになるためには、ブランドの想いを発信し、情緒的にも共感していただくことが必要です。ブランドはコンセプトをつくって終わりではなく、社内に「提供価値」を浸透させ、お客さまに約束し、実践することで構築できるもの。今後も「提供価値」からブレないよう、一貫性をもって活動したいです。

細谷:ブランド活動で大切なのはすべての基盤となる「提供価値」の明確化。そのゆるぎない基盤がしっかり組み立てられた後は、様々なコミュニケーション活動にも派生できるはずです。市場成長が期待されるDXなどのデジタル領域のブランド戦略においても同じです。物凄いスピードで機能的便益が変革するカテゴリーだからこそ、中期的に揺らぐことのない「提供価値」の設定が必要です。競合との差別性や顧客との適切性をみきわめ、ブランド価値を定義した上で、具体的に実践し続けることが、強力なブランドづくりには求められます。


ロゴやタグライン、サブグラフィックの扱いなど、ブランドガイドラインによりクリエイティブのルールも徹底管理。常に一貫したブランド価値の訴求が可能となった。

    お問い合わせ

    バニスター株式会社
    TEL:03-5478-7004
    E-mail:info2@bannistar.com

広告企画 の記事一覧

ブシロードのメディアミックスを支える 映像制作のプロフェッショナル
顧客視点で事業のゴールを考える 「BCD」ツールを使ったワークショップとは?
マーケターに必要なのは目の前の変化を楽しみ社会を前進させるアイデア
「人の想い」と「テクノロジー」で『集客』から『商品販売』までメディアを支援
「オルタナティブ」が進む時代に選ばれるには? 専門家集団、ADK COの構想
まずは『価値の礎』を明確化 セゾン情報システムズ×バニスターのブランド戦略(この記事です)
ウエルシア1600店舗に導入、メーカーの販促効果を最大化させるデジタルサイネージ
企画のヒントは既存のもの「0」から「1」ではなく、自身の経験から創出する
YouTubeを活用したセガのコミュニティづくり ゲーム業界のロイヤル化戦略
Taboolaの効果的なプレイスメント ユーザーの関心を捉える動画広告を
企業の純粋な情熱をいかに表現するか?「FunLogy」の想いを形にしたブランド戦略
目的×事例で選べる マーケティング事例のショーケース ベクトル「ヒロメル」
自ら培った経験の「応用力」があれば、クリエイターは成長し続けられる
「エンジニア」と「マーケター」両視点でデータ利活用事業を支援する『DUMO』
TISが掲げる、「ユニファイドコマース」による生活者目線の心地よい買い物体験
「リサーチ」から「データ利活用支援」へ マクロミルの新サービス「DX Buddy」とは?
「Google アナリティクス4プロパティ」 いま広告主が活用すべき理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する